ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

給付金+αで買う MacBookAirとPro梅モデルでの比較

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

 先の記事で特別定額給付金10万円の使い道を考えました。

 

keroctronics.hatenablog.com

 

さっそく請求しようとしたら、マイナンバーカードがないとダメなんですね。

通知カードじゃダメみたい。

 

申請書が届くまで待つしかないのか。くそー

 

いつ届くんやろ。アベノマスクもまだ届いてないのに。

 

っていうか自動車税や固定資産税の納税通知書は届いた。なんで。こんな時期だから逆にしてよー

 

 

さて、本題に戻ります。

 

10万円で買うことはちょっと厳しいですが、Macで考えてみました。

MacBookAirとMacBookPro どっちがお得なん?

 

予算10万円で考えているので、限りなく梅モデル(エントリーモデル)で比較してみます。

まずは両方とも一番安い梅モデル比較

f:id:keroctronics:20200512221705p:plain

3万円の差がありますね。

っていうかすでに10万円の予算は超えてますけどね。

まぁそれは置いておき。。。

 

TouchBarがいるとなるとMacBookProしかないですし、どうしてもGOLDっていう人ならAirになりますが、そこらへんが関係ないとなると他での比較となります。

CPUはProが高性能らしい

メモリはAirがLPDDR4、ProがLPDDR3。GPUもProの方は645とこの2点に関してはAirがいいんですね。新しいですもんね。

 

あと、当然ながらAirの方が軽い。薄い。

ただ、最厚部はAirの方が若干厚いんですね。

 

 

パワーならばPro。費用や軽さならばAirというありきたりな結論ですが、ここでAirのCPUを1ランクアップしてみます。

デュアルコアのi3からクワッドコアのi5へアップ。

f:id:keroctronics:20200512093852p:plain

これで2万円の差。

私的にはAirを買うのならこの位にはしておきたいところです。

 

あと気になるのはメモリですね。

VRAMをメインメモリから取られてしまうということなので、それを考えたり、ParallelsとかでWindowsと並行させたりってするとメモリ不足になるかもしれません。

 

で、お互いを16GBにしますと。

f:id:keroctronics:20200512094353p:plain

費用差は1万円になってしまいます。
Airの方がDDR4なだけメモリ増設費用が高いんですね。

もちろんCPUを元に戻せば2万円差ですけど、16GBにして使いたいレベルならCPUはあげておきたいところです。

 

素に近い梅モデルならAir

16GBまで上げてパワーを使いたいのなら1万円差のPro

 

って感じになってきました。

 

とはいえ、ちょい盛ってしまって、税入れると15万。給付金は10万でしょ

っていう突っ込みが。。。。

 

給付金第2弾あるかないかで予算が変わる。あるのかなぁ。

 

予算重視でWindows機にするか。。。うーん。