ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

RaspberryPi事始め 10.HDMIモニタが届いたのでセットアップ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

Chinaから買ったHDMIモニタがようやく届きました。

8月20日購入で27日着だったのでまぁ1週間ですね。

ただ、私が今日まで受け取れなかったってだけです。

 

無料配送にしたので
Estimated Delivery Time:13-21 Days
ということでしたので、ようやくっていうよりももうついたよ!って感じですかね。

 

 

購入したのはこの5インチのHDMIモニタです。

AliExpress.com Product - 5 Inch 800 x 480 HDMI TFT LCD Touch Screen For Raspberry PI 2 Model B / B+ / A+ / B

 

ちなみにAmazonでも多分同じであろうものを売ってますね。

約1000円の違いです。

配送を取るか費用を取るか。私は費用を取りました。

 

 

 

で、さっそく開梱・接続してみました。

 

まずは梱包。

f:id:keroctronics:20180829221135p:plain

いつもの黄色いパッケージですが、しっかりと包まれています。

最近のを見てるとGEARBESTなんかよりAliExpressの方が梱包はしっかりしていることが多い感じです。

 

ダンボールの文字はあんまり見ないフォントですね。

f:id:keroctronics:20180829221852p:plain

 

内容物です。

f:id:keroctronics:20180829222030p:plain

モニタ本体に加えて、DVD、ネジ、ペン、HDMIアダプタ

 

マニュアルはDVDの中に入ってます。

 

 

HDMIモニタとラズパイとはHDMI接続なんですが、ここにケーブルがくると邪魔だよなぁって思ってたら、こんな便利なアダプタがあるんですね。これはスッキリ来ます。

f:id:keroctronics:20180829222408p:plain

 

モニタの裏面です。

f:id:keroctronics:20180829222510p:plain

回路むき出しの基板があります。

真ん中のでっかいICはカニのマークでおなじみのRealtekのディスプレイコントローラーですね。

 

ピンソケットがありますが、あれはラズパイのピンヘッダと接続します。

 

そうやって接続してHDMIアダプタを付けた形態がこちら。

f:id:keroctronics:20180829223033p:plain

えぇ、ご覧のように先日買ってつけていたファンつきケースは使えません。

f:id:keroctronics:20180814154955p:plain

ケースが使えないのは良いんですが、ファンまで使えないってのは考えものですね。

 

 

で、裏面はこんな感じです。

f:id:keroctronics:20180829223334p:plain

ピンヘッダは全部使われてはいませんが、他の用途で使うには使いにくそうです。

ただ、LCD用にとられてしまったピンヘッダ部分は並行して引き出されているようなので、そこにピンヘッダを立てれば使えるようになりそうです。

つまりここから5Vを取ればファンが使えるようになるってことですね。

 

 

さて、電源を入れてみます。

HDMIモニタにも電源用のUSBコネクタがついていますが、ラズパイと接続した際にはここは使用しないでね!って書いてありました。

単体で例えばPCのつなぐとか普通のHDMIモニタっぽくつかうにはこのUSBコネクタに電源を与えて使う感じになるようです。

 

なので、この接続状態のまま、ラズパイのUSBコネクタに電源を与えれば問題なくHDMIモニタにも電源が行き渡るわけです。

 

f:id:keroctronics:20180829223752p:plain

ここで想像外の動作が一つ。

800x480のHDMIモニタなのにFullHDのまま表示されてます。

おそらくスケーリングされているのかとは思いますが、見にくくて仕方ありません。

 

HDMIってEDIDでのやりとりがあるんで800x480のモニタだからその解像度になるのかと思ってましたら、どうやらそうではないようです。

 

ただ、この状態では、640x480に変更しかできませんでした。

 

そこでマニュアルを見るとドライバーをインストールしてね!って書いてありましてオンラインとオフラインでのドライバインストール方法が載ってましたので、オンラインでドライバインストールしてみたところ、無事に800x480が選べるようになりました。

 

f:id:keroctronics:20180829225431p:plain

加えて、ドライバを入れたことでタッチペンが使えるようになりました。

 

ただ、なぜか設定が変わったようでカメラが無効に変わってましたので、それを設定し直す必要がありましたし、接続したことが原因でしょうか、起動時に少し時間がかかるようになりました。I2Cのデバイス検出に時間がかかってるような感じです。

 

 

 

で、触れておりませんでしたが、カメラ。

カメラの固定を考えないとちょっとこのままでは使いにくいですね。

カメラを使わないのであればスッキリくるスタイルなんですけどね。