ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

シニア用のスマホは選択肢が少ない

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

 auからドコモにMNPさせて2年間はお安く過ごせていた義両親の回線ですが、いつのまにか4年も過ぎてしまってました。

義母のらくらくスマホは5000〜6000円位。義父のガラケーは2000〜2500円位の請求が来ています。

端末もボロくなってきてそろそろなんとかしたいって言われてまして、色々と考えてるわけです。

 

いきなり買わずに相談するところが私に相談すること無く勝手にらくらくスマホを契約した上に様々な有料オプションを契約させられてた実母とは偉い違いです。

 

 

まぁとにかく維持費を安くしたいってことが大事だそうです。

 

f:id:keroctronics:20171022223037p:plain

どうすべきか?

 

回線をどうするか?って前にスマホをどうするかってのがまず大事です。

義父はガラケーですけど、スマホにしたいらしい。

でもどんなスマホでもいいわけじゃなりません。性能は全然不要ですが、らくらくスマホ系の使い勝手が大事です。加えてよく落とすので防水防塵耐衝撃と言うのも大事。

義母は今らくらくスマホなので理想はdocomoのらくらくスマホなんですが、費用がかかりすぎるのでシンプル系なホームに切り替えられるスマホが必須です。加えて同様に防水防塵耐衝撃が欲しい。義父に教える役目もあるので2人同じスマホにする必要もあります。

 

 

というわけで、今手に入る機種の中でらくらくスマホ系のシンプルホームで使える格安スマホを調べてみました。

 

っていっても下の2機種ですかね。

キャリアとなるとまだあるんですが、そうすると月々の費用が大きく違ってきます。

ただ、月々サポートの類とかシェアにすれば?とか色々と考えればひょっとしたらMVNOより安くなるかも?っていうことはあります。

まぁ色々な前提条件が関わってくるので、ここではとりあえずMVNOでの2機種について書いてみました。

実際に買う際には各人の状況や必要なオプションによって変わってくるかと思います。

 

今回の前提は、義両親の使い方で考えてます。

  • 通話(090)は必要。片方はかけ放題も必要
  • データ量は月1GBで十分。
  • 端末なくしたり水没させたりするのでいくら防水とはいっても端末保証は必要。

というわけで以下の2機種です。

どちらもそこそこの値がします。格安でいいものは見つけられませんでした。

トーンモバイル m17

TONE m17

  • 防水
  • ワンセグ
  • おサイフケータイ
  • 5.0インチ
  • 機種代 1500円×24回
  • 1953円(500kbps無制限、090通話)

TONEモバイル限定の端末ですかね。

まぁ端末はいいとしてトーンモバイルでの通信のスペックがショボいですね。

IP電話を基本としている時点でダメですね。情弱な老夫婦にIP電話だから使えない電話番号があるよとかって教えにくいし、なによりも110や119へ電話できないってのはいざという時の不便すぎです。

arrows M04

ハンドソープで洗えるというarrowsです。

  • 防水、防塵、耐衝撃等
  • ワンセグ
  • おサイフケータイ

 シニアに持たすには最適に近いスマホかもしれません。

各MVNOメーカーが取り扱ってますが、3万超っていう強気な価格がちょっとひっかかります。

LINEモバイル

  • arrowsM04 32800円
  • LINEフリープラン(1GB音声) 月1200円
  • 端末補償 月450円
  • 10分かけ放題 月880円
DMM モバイル
  • arrowsM04 33800円
  • 通話対応SIMプラン(1GB音声) 月1260円
  • 端末補償 月500円
  • 10分かけ放題 月850円
イオンモバイル
  • arrowsM04 37800円
  • 音声通話プラン(1GB音声) 月1280円
  • 端末補償 月350円
  • 10分かけ放題 月850円
 mineo
  • arrowsM04 31800円
  • デュアルタイプ(1GB音声) 月1500円
  • 端末補償 月370円
  • 10分かけ放題 月850円
楽天モバイル

  • arrowsM04 34800円(3年契約で−2万、2年契約で−1万)
  • 通話SIM(3.1GB音声) 月1600円
  • 端末補償 月500円
  • 5分かけ放題 月850円
NifMo

  • arrowsM04 31112円
  • 音声契約タイプ(3GB音声) 月1600円
  • あんしん保証 月380円
  • 10分かけ放題 月850円

OCNモバイルONE

  • arrowsM04 24600円(SIMパッケージ代込)
  • 音声対応SIM(日110MB) 月1600円
  • 10分かけ放題 月850円
  • あんしん補償 月500円

BIGLOBEモバイル

  • arrows M04 月1490×24(35760円)
  • 音声通話スタートプラン(1GB音声) 月1400円
  • 3分かけ放題 月650円
  • 端末保証 月500円

 

 

 

と、こうしてみると、TONEよりはArrowsM04なのは確実です。

回線はまぁ似たり寄ったりですね。

親子や孫とはLINEでやりとりさせようとしてるのでLINEがカウントフリーなLINEモバイルってのがうちの場合はいいのかもしれません。

 

あとはキャリア

docomoでwithにした時とかSoftBankで高額CBもらった場合とかも考えてみたいところです。