ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

ドコモの機種変更応援プログラムプラスはお得なのか?

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

ドコモから機種変更応援プログラムプラスをいうサービスが発表されました。

 

以前も機種変更応援プログラムってのはありました。

プラスがついたのでパワーアップしてるんでしょうか。

 

実際、iPhone8専用ではありますが、月額料が無料になったし、還元されるポイントも増えててパワーアップしているようです。

 

一見お得に思えますが、本当にオトクなんでしょうか?

もう少し考えてみます。

まず条件です。

  • iPhone8/8Plusを購入
  • Xi契約があること
  • 13ヶ月目以降に機種変更すること
  • 正常な状態で使用機種を返却すること

この場合、使用月数に応じたポイントが還元されます。

f:id:keroctronics:20170921232017p:plain


例としてiPhone8(64GB)を最大還元される13ヶ月目に機種変した時

f:id:keroctronics:20170921232056p:plain


と、20264円の負担ですんじゃいますよ- オトクでしょ!ってことみたいですね。

これを見たらとっとと機種変しないと損のように見えちゃいますね。


ホントでしょうか?

 

私的には、40000ポイントもらえるけど、以降もらえる予定だった28512円分の月々サポートと端末が無くなるって考えるとお得とは思いにくいです。

 


大事なポイントを挙げてみましょう。

まず機種を回収です。つまり下取りされるということです。
また、月々サポートの残り分はキャンセルされちゃいます。

 

この2点をちゃんと考えてみます。

1年後に回収されてしまうということは自分のものになりません。いわばレンタルです。

違う見方をしたら12ヶ月使用したレンタル代が20264円ということで、月々1700円のレンタル代ということですかね。


2年後までしっかり使った場合で考えますと

  • 機種代 88766円
  • 月々サポート 57024円

で、実質31742円です。

でも端末が残りますよね。

2年前の発売であるiPhone6sが今いくらで売れるかというと、イオシスで調べてみたら64GB版のそこそこの使用感で31000~34000円くらいです。

ということは、2年間持つと端末代の実質は0円かちょっと得する計算です。

 

つまり、

  • 毎年新しいiPhoneにする費用が月々1700円。
  • 2年毎に新しいiPhoneにする費用は月々0円。

さて、どっちがオトク?ってことでしょうか。


もちろんビックウェーブの最先端にいたい人はこのプログラムでいいのかもしれません。

 

また、これは純粋に端末代だけの計算で、通信費用はまったく考えていません。

 

 

キャリアの通信費用は高いです。

 

SIMフリーiPhoneを定価で買ってMVNOで運用する場合。

新品価格から2年後の買取価格を差し引いた実質の端末費用をだいたい5万円とすると、毎月の通信費用が2000円以上安くなればSIMフリー&MVNOの方がお得ってなります。

余裕で勝ち目はありますね。
3GB音声プランで1500円前後ですから。

キャリア並みの通信品質が得られない。かけ放題や家族間無料等で劣るデメリットと、
余計なアプリが入ってないメリットとか考える必要がありますが、
充分ありではないでしょうか。

 

あとは他回線とシェア組むとか、光コラボとまとめるとか色々と工夫してキャリアの通信費用を安くしてどっちがお得?って考えても良いでしょう。

 

我が家も12月にやってくる更新時期でMNPするか、親のドコモとシェア組んで機種変するか考えているところです。