ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

Elec-ZYBO

ラズパイカメラをZYBOに接続する 検討

I2Cの電圧レベルが違うから手持ちのラズパイカメラが使えず、世間で売っている専用のPcam5Cを買おうにも高くて手が出せないのでなんとかラズパイカメラをZYBOに使えるように出来ないかな?って考えてます。 回路起こして基板作って部品買って実装してっての…

ZYBOに接続できるカメラはPcam5Cだけ?

先のこの記事の続きです。 keroctronics.hatenablog.com もうちょっと調べてみました。 ZYBOのカメラ用ポートはPcamポートっていうらしいです。 Zybo Z7 Reference Manual [Reference.Digilentinc] より

ラズパイカメラはZYBOへ接続できない?電圧ちゃうやん

ZYBOにラズパイのカメラを接続してみたいです。 MIPI信号なんてやったことないのでできるのか不安ですが、、、 まず、ちゃんと接続できるのか確認します。 以下のサイトからカメラモジュールv2の回路図を見てみます。 Camera Module - Raspberry Pi Document…

ZYBO HDMIのデモを動かしてみる

ZYBOさんですが、一通り動作できたので、次は公式にあった下記のHDMI Demoってのを試してみます。 Zybo Z7 HDMI Demo [Reference.Digilentinc] GitHubにあるので、そこからダウンロード GitHub - Digilent/Zybo-Z7-10-HDMI

ZYBO Vivado+Vitisを使ってみる

ZYBOいじり 最初はPL、次にSDKを使ったPS領域を動かしてきましたが、ハードウェアはVivado2019.1。ソフトウェアはSDK2019.1を使ってきました。 最新の2019.2からはSDKではなくVitisという統合プラットフォームへ変わっていますので、今回はバージョンを2019.…

ZYBO PS領域に挑戦 SDKの出番

さて前回、PL領域だけでのLED点滅が終わりました。 これでは今までの普通のFPGAと同じでした。 次は未知なPS領域を使うことにします。 ちなみにツールはVivado+SDKでバージョン2019.1です。 以下のTutorialに沿ってやってみます。 Getting Started with Viva…

ZYBO PL領域を動かしてみる LチカLホワ

さて、Vivadoも入れ準備ができたので、まずは公式のTutorialに沿って試してみます。 Getting Started with Vivado [Reference.Digilentinc] この公式のTutorialで使っているVivadoは2016.2というかなり古いバージョンなので今回私が使っている2019.1とはGUI…

ZYBO Z7-10をじっくり見てみる

さて、ZYBO Z7-10 にプログラムとか始める前にまずは基板をじっくり見てみましょう。 ちなみに基板です。基盤ではないです。 基盤はBASE。基板はBOARDです。 これ間違っている人やサイト多いんですよね。 私もたまに誤変換に気づかず書いていたりするので気…

ZYBO まずはVivadoのインストール

冬休みはFPGAって言ってZYBO Z7-10を買っていながら何の記事も書いていませんでした。 keroctronics.hatenablog.com 実際は冬休みにちょこっとだけやってましたのでその記録を書いておきます。 ※ほとんどの実行記録は昨年末なので時期によっては画面やURLが…

冬休みはFPGA SoC ZYBO買ってみた

以前、夏休みはラズパイと称してラズパイを始めてみましたが、大したことができずに放置してます。 色々と簡単にできすぎちゃうんですよね。って贅沢な言い方ですが。。。 で、それはさておき、今度はFPGAにすべく購入してみました。 まぁ言ってみれば自分へ…