ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

Chuwi CoreBook レビュー 第1弾 開梱&セッティング編

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

さて、INDIEGOGOでのCoreBookですが、まだまだ設定中です。

っていうか今日は何も触れてない。

社畜って嫌ですねー

 

さて、そのCoreBook

さすがCore m機。パフォーマンス的には問題なさそうです。

ただ、本格的に使うにはストレージが足りないのでmicroSDXCの128GBを頼んだところです。

 

クラウドストレージのコピーやローカルデータ等はそちらを使用しようと思ってますので、設定はもう少しかかりそうです。

とりあえずはベンチマークだけは終わらせたので、段階に分けてレビューをしていこうと思います。

 

もちろん自腹レビューです。1円の援助も受けておりません(泣)。

 

で、まず第1弾としては開梱から設定までです。

 

 

配送

先日書いたように発送案内から我が家に届くまで約1週間です。

f:id:keroctronics:20180622003908p:plain

 

梱包

箱には特にワレモノ注意とか取扱注意なんて注意書きは見当たりません。

f:id:keroctronics:20180626002632p:plain

だいじょぶか???

って思いますよね。

箱がちょっと変形してるし、テープもきっちりついてない。

 

段ボールの中はChuwiの梱包箱です。
それは綺麗でした。

f:id:keroctronics:20180626002741p:plain

CHUWIの後の漢字らしき文字読めません。。。

 

細かいスペックまでシールにあります。

f:id:keroctronics:20180626002901p:plain

色と容量(メモリ?ストレージ?)の選択肢があるような記載もありますが今後そういう展開するのかな?

f:id:keroctronics:20180626003053p:plain

 

内容物

で、開けてみたら梱包箱の精度が悪いようでずれてました。

f:id:keroctronics:20180626003219p:plain

中に隙間が多すぎるんですよね。

配送中にガタガタ揺れてたんじゃないでしょうか?
壊れてないか心配になります。

 

まぁ結論から言えば大丈夫でしたが。


中身はまずは本体とACアダプタ。

f:id:keroctronics:20180626003419p:plain

※反射して部屋が丸見えなので画面はぼかしてます。

 

このように2-in-1なので本体はタブレット形状です。

ACアダプタは送り先によって勝手にプラグ形状を決められたようで私宛のはちゃんと100Vの日本仕様になってました。この気配りは素敵ですが、選ばして欲しいって人もいるのかとは思います。

 

 

で、ケース一体型のキーボードとペンが付きます。

f:id:keroctronics:20180626003705p:plain

これが標準パッケージだと思わないほうがいいです。

私は
1 x Chuwi CoreBook
1 x Keyboard
1 x Pen
459ドルっていうのに出資してます。

 

ちなみにGearBestではキーボードとペンは付属しませんよって書いてあったので
Penとキーボードは別売ですね。

でも、ペンはともかくキーボードは必須かと思いますけどね。

 

 

説明書の類もあります。

f:id:keroctronics:20180626003847p:plain

  • いくつかの言語(日本語あり)のUserManual。大して役に立たないWindowsの超簡易マニュアルです。
  • 検査証(英語)
  • 保証書(1年保証)(英語)
  • 注意書き(英語)
  • 製品のUserManual(中国語と英語)

ですね。

 

保証書があるってのは意外でした。こういうクラウドファンディングな製品でもあるんですね。

 

でも、本体についての詳細な説明は見当たりませんでした。タッチパッドの複数指での操作方法とか知りたいんですが。。。

 

 

Detail

カバー兼キーボードはこんな感じでどんな角度でも設定できます。

f:id:keroctronics:20180626004935p:plain

 

このケース兼用のキーボードと本体とは9ピンの専用ポートで接続されるようです。

f:id:keroctronics:20180626005115p:plain

 

なので、キーボードとは無線接続ではなく有線接続ってことになります。

 

このキーボードは意外と丈夫な作りで品質は高そうですん。

 

 

IF部をみてみます。

まず上

f:id:keroctronics:20180626010658p:plain

電源も兼ねるUSB Type-Cのコネクタはこの上側(右側(写真では左側))にあるんですね。

個人的には両サイドどちらかの下の方がしっくりくるんですけどね。電源さして使ってるととっても目障りです。

その横はミニジャックなのでヘッドフォン用ですね。そして小さな穴が2つ。おそらくマイクでしょう。マイクは2つって書いてあったのでステレオマイクなのかもしれません。

そしてmicroUSB端子もあります。

そして真ん中あたりにTFカード(microSD)スロットも上にあります。

で、両サイドにたくさん穴が見えるのがスピーカーの穴なんでしょう。

個人的にはこういう上部に穴が開いてるとホコリが入ってきそうであんまり好きじゃないんですけどね。

 

で、右サイドは何もなし。

f:id:keroctronics:20180626011204p:plain

左サイドは電源スイッチと音量のUp/Downスイッチ

f:id:keroctronics:20180626011049p:plain

下部は先ほど書いたようにキーボードとの接続コネクタですね。

f:id:keroctronics:20180626011128p:plain

その両サイドの穴っていうか凹みはキーボードとの固定用ですね。

 

と、基本インタフェースは左右ではなく上に出すっていうポリシーのようです。

ワタシ的には左右のほうがしっくり来るんですけどね。

 

 

カメラはIn/Outとありますが、スペックは低いのでついてるだけーって感じですかね。

Inはテレビ電話的な要素でいいんですが、こういう性能の低いOutカメラは何を想定しているんでしょうかね?

f:id:keroctronics:20180626013524p:plain

 

 

 

で、画面にはフィルムが貼ってありました。

f:id:keroctronics:20180626011353p:plain

スマホとかのフィルムって、まず貼る面のシートをはがしてから貼り付けて、画面手前の保護シートを外して完成ですよね。

その保護シートだけ残してある状態でした。

なので保護シートをはがすだけです。

気泡も入ってなかったので、自分であとから貼り付けることをしなくてよくて何気に良いポイントですね。

 

キーボードはそれなりにストロークがあります。

f:id:keroctronics:20180626011618p:plain

少なくともiMacで使ってるうっすいのよりはこっちのほうが好みです。


また、画面の下に指紋センサーがあります。

f:id:keroctronics:20180626011815p:plain

2-in-1なのでキーボードじゃなくてこっちの位置の方はいいわけですね。

真ん中なので右利きでも左利きでも使えるってことでしょう。
今のところ精度も応答速度も問題なく快適に使えてます。

 

電源ON&設定

電源は先ほど紹介した左サイドのスイッチにて入れます。

後は言われるままに設定していくだけです。

 

日本語化とか考える必要もなくちゃんと日本語を選べます。

f:id:keroctronics:20180626011938p:plain

 

指紋の設定もありますよ。

f:id:keroctronics:20180626012103p:plain


デフォルトで音声による案内でしたが、日本語が微妙になまってるんですね。

私家のWindows10とかそういうセッティングしたことないのでわからないんですがそういうもんなんでしょうかね。

 

 

 

初期設定後の容量はこんな感じです。

f:id:keroctronics:20180626012215p:plain

冒頭に書いたようにモバイル用途とはいえ本格的に使うには足りないかなぁって思って
現在microSDXC購入中です。

 

M.2スロットでもあればって淡い期待をしてたんですが、裏面見てもまったくそんなものはありませんでした。フタはずせればあるのかもしれませんが。。。

 

なので、ストレージは無難にSDXCです。 

紹介したアフィ先の楽天で買いました。

本来なら早いAmazonで買うんですが、久々にmicroSD買おうとAmazonみてみましたがとんでもないカオス状態でしたのでやめました。

なんでしょうねこういうの。怖すぎです。

 

もともとSDカードって怪しいものが出回ってるっていうのに、この商品名はどうしたらここまでの文字が出せるのか聞いてみたいものです。

 

ってことで、3年保証 UHS-I U3ってのにしてみた次第。

まともそうに見えるでしょ。

楽天ですが、購入翌日には届くみたいです。

 

リカバリー

リカバリーの仕方が書いてあるところを見つけられなかったんでやり方は分かってないんですが、ディスクを見たら1GBほどの容量でリカバリーエリアがつくってあるので、起動時になんか押してればそういうメニューが出てくるような気がします。

f:id:keroctronics:20180626012943p:plain

 

 

ってことで、次回はベンチマーク編でお届け予定です。

 

2018/7/4 追記