ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

iMac TimeMachineでQNAPにバックアップの設定

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

TS-231というQNAPのNASを使ってます。
このブログではレビューはしてませんが買ったよってのだけは書いてました。

WHS機のHP X510 Data Vault をサポートが切れた後でも使い続けてきましたが、さすがにサポート切れのWHS機はもうやめようかなってことでQNAPのTS-231を買ったのが2015年12月。
もう1年半使ってるんですね。

Dropbox変わりに使おうとしたQNAPのアプリQsyncはDropboxよりはるかにSyncが遅くて使いやすいとはいえないんですが、自宅NASということでDropboxよりはるかに大きな容量としての棲み分けはできています。

 

さて、そのQNAPにTimeMachineを使うべく設定をしてみました。

QNAP のOSはQTS4.3.3。標準でTimeMachineをサポートしていますので設定は簡単です。

 

まずBackup Stationを起動します。

f:id:keroctronics:20170707213847p:plain

 

Backup Serverの中にTime Machineっていう項目があります。

f:id:keroctronics:20170707214038p:plain

このEnableの横にチェックを入れます。

そしてユーザーの設定。

デフォルトでTimeMachineというアカウントになってますね。
これ複数のMacがある時にはアカウント作成すれば対応できるようです。今回はこのままにしておきます。

で、パスワードを設定して
バックアップするボリュームと
CapacityにMax容量クォータ(0なら制限なし)を設定します。

f:id:keroctronics:20170707215147p:plain

これでNASの方は設定OK。

 

 

次はMacの方の設定です。

システム環境設定

f:id:keroctronics:20170707215421p:plain

この中のTimeMachineを起動します。

f:id:keroctronics:20170707215444p:plain

バックアップディスクを選択をクリック

f:id:keroctronics:20170707215524p:plain

特に何もしなくても、先程のNASでDisplayNameとして設定されていたTMBackupっていう名前のディスクが見つかりました。

それを選択します。

 

すると、ユーザー名とパスワードを聞かれるのでQNAPで設定したID/Passを入力します。

f:id:keroctronics:20170707215706p:plain

 

はい。これだけです。

f:id:keroctronics:20170707215824p:plain

 

 

後は自動で勝手にやってくれます。

楽なもんです。