ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

iMacのどれを買えば良いんだ?VR対応って全機種なの?

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

先日書いたように
MacBook
MacBookPro
iMac
と悩んだ末 iMac 2017の27インチを買おうと思ってます。

 

目的はWindowsも含めたメイン機のパワーアップとモバイルできるPCの2機種が欲しいということ。

今は
メイン機  Windows10 PentiumDC G3258、16GB
モバイル機 MacBookAir Mid2011 (Core i7/4GB)

重いことをしなければメイン機はまぁ使えるんですが、Airの方はもうかなり厳しい状態です。

そこで、 

  1. メイン機のWindowsをパワーアップしつつ、サブでMacBookを買う
  2. MacBookProにしてメインもサブも兼ねる
  3. メイン機をiMacとし、サブで安いノート(CubeMixPlus等)を買う

の3通りがまぁ考えられるわけです。

 

まず真っ先に落としたのが2番め

MacBookProをメインとしようとすると15インチにしたい。
で、さらにそれを持ち運ぶってのはかなり厳しい。
13インチでも厳しいかなって思うくらいなので。

 

2番めの派生として、
MacBookProをメインとしてサブに安いノート(CubeMixPlus等)を買う
という事も考えられますが、それならメインに画面の小さいノートにする必要もないだろうということです。

 

で、WindowsはMac上でも動かせるということを考え、コストを含めて考えると3番目が一番良いかな?ってところです。

サブの安いノートはいずれ選定しますが、例えば約4万で買えるCubeMixPlusのCore m3-7Y30は私のMacBookAirのCore i7よりはるかに性能が上なんですね。i7って名前だけはすごいのに古いとその程度なんですね。悲しいなぁ。

 

 

さて、iMacですが、21.5インチと27インチ。

今24インチでWQHDのモニタ使ってることを考えると小さくはしたくありません。解像度も高いですしね。

それに21.5インチはメモリの増設がかなり困難らしい。

なので27インチは確定。

 

先日価格表を載せましたが、iMac 27インチだけでもこれだけの種類があるわけです。

f:id:keroctronics:20170614222642p:plain

 

どれにするべきか?

こんな高いものホイホイ買い換えられるわけじゃないので慎重に選びたい。

 

まず基本として選べるタイプは3種類あります。

f:id:keroctronics:20170614222755p:plain

 

違いを表にするとこんな感じ。
モデル名がよくわからんので、オンラインストアに載っている3種類を松竹梅としてみました。
f:id:keroctronics:20170614232155p:plain

まず気になるのが梅モデルだけメモリのMaxが32GBとなっていること。他はMax64GBです。

同じ27インチでもメインボードが違うのか?

っていう疑問がありましたが、

こちらのブログ記事

を見る限り問題なく梅でも64GBまで増設できるそうです。
なので中身は同じってことで、買う時のオプション設定で64GBが選べないだけのようですね。

 

選べるオプションも3タイプ微妙に違いますので、そこも含めて表にしてみました。

f:id:keroctronics:20170614224726p:plain

なかなか絶妙な設定ですね。

 

あと大きく違うのはGPU

Radeon Pro 570/575/580 と松竹梅全てに違いがあります。
またチップの違いだけじゃなくてVRAMが580だけ8GB。それ以外は4GBと違いも有ります。

単なる性能の違いだけならまぁいいんです。

ただ、こちらの記事をみますと、

580だけはVR Readyと気になる文言がついてます。

 

580じゃないとVRできない?

 

今度のiMacはVR対応とかって記事はあちこちでみますが、どのiMacも対応なんだろうか?ひょっとして580搭載機種のみ?

これがわかりません。。。

 

MacBook用にThunderbolt 3接続のVR Boxのようなものが出るっていう話もありますから最悪そちらで対応できるんでしょうが、せっかくのiMacでそんなことはしたくない。

 

せっかくの高性能マシンなんだからVR対応ってのは楽しみの一つでしょうかね。今後VRがどう流行っていくのかは不明ですが。。。

 

 

 

ということで、

CPUはどれでもいい。

メモリは後付で増やせるから購入時は最低の8GBでいい。

ドライブはNASを利用するんで本体の容量はあんまりいらないから、
Fusion1Tか256GB SSD。ただFusion1TはSSD領域が小さすぎる(32GB)らしいので256GB SSDが有力。ただ、松を選ぶとSSD256GBは選べないので、その場合はFusion2Tでいいかな。

最後にGPUだけはVRがどうなのか不明。ここで決めたい。

 

という状態です。

竹を選んだ場合はストレージだけSSD256GBにして¥231,800

松を選んだ場合は標準そのままで¥253,800

ってところですかね。