ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

OUKITEL U20 Plus レビュー 最終編:デュアルカメラってこの程度なの?

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

OUKITELのU20 Plusのレビューもこれを最後にしようと思います。

 

デュアルカメラ

最後はまず特徴のデュアルカメラってのを試してみました。

f:id:keroctronics:20170520010730p:plain

 

私にとって初めてのデュアルカメラ機です。

見る画像は一つなのに2つのカメラで撮るってのはいろいろな用途があるわけです。

 

どう使い分けるか?

片方を望遠、片方を広角とレンズに差異をつけて、シームレスに切り替えることで、非常に広範囲の光学ズーム領域をカバーするとか、

あるいは片方をRGBセンサ、片方を明るさセンサにわけて高精細にするとか、

あるいは、両方でピントをずらして、ボケ味を出す用途に使うとか、

まぁここにある記事をまとめただけです。

 

 

 

さて、今回のレビュースマホU20Plusはどれなのか?

先のカメラ部分の画像を見る限りレンズが違うようには見えます。

ただ、あまりにも画素数が違う(13Mと0.3M)なので、広角、望遠という使い分けとは思えません。

あくまでも13Mメインで0.3Mは補助的な役割のはずです。

 

U20Plusの標準カメラアプリはSLR Cameraっていうアプリです。

f:id:keroctronics:20170603230608p:plain

SLR?

Single Lens Reflex つまり一眼レフってことでしょうか?

いやぁいくらなんでも一眼レフって。。。まず二眼だし。

 

カメラを起動するとこの5つのモードがあります。

f:id:keroctronics:20170603230953p:plain

ここにSLRっていうモードがあります。

 

このモードにするとピントを合わす○な部分の横に何やらマークがでてきます。

f:id:keroctronics:20170603231402p:plain

絞りマークのようです。

それをドラッグすると周辺がボケてきます。

なるほど。一眼レフのように絞りを変えてボケ味を出すっていうことなんでしょうかね。

 

 

それで絞りを開けて撮ってみたのがこの画像

f:id:keroctronics:20170603231727p:plain

※リサイズだけしてます。

周辺がぼけてます。

 

画質においても特質すべきことはありません。

 

まぁ言ってしまえばデュアルカメラってこれだけの為?って感じです。

 

まぁ1万円というコストを考えると十分なのかもしれません。

0.3MPのセンサーなんて枯れすぎて安そうですし。

 

でもこの程度なら撮った後の画像処理でできるんじゃないの?って思ってしまいますね。

 

他に特徴ないのかなぁ?

 

 

認証

中華スマホを使う上で大事なのは技適等の認証ですよね。

U20 Plusはどうなんでしょう?

普通Androidでは 設定→端末情報→認証情報 で技適のマークや番号がでてきます。P8maxはでてきます。

U20Plusは設定→端末情報の下に認証情報っていうメニューがありません。

まぁ日本で正式に売られていないスマホだと思うのでたぶん取れてないんでしょう。

取説(QuickGuide)を見るとCEマークとEN認証番号が沢山載ってはいますが、技適はありません。

実力的には問題ないかとは思いますが、認証が取れてない以上使うことは推奨できませんね。

 

総括

技適は置いておいても、さて、この機種はお勧めできるか?

Gearbest OUKITEL U20 Plus
OUKITEL U20 Plus

 

1万円という安さからしたらコスパは良いかと思います。

画面も大きいし綺麗。電池も結構持つ。

 

技適もって考えるのならもうちょっと出してnova liteとかがいいでしょう。まぁちょっとって言っても約2万円となると倍ですが。。。

 

技適抜きなら1万円でFullHDのこのスマホってのはコスパは良いです。安物に見えない質感もありますし。デュアルカメラにはあまり意味は無いでしょうが、ヘビーなゲームは無理ですが、普通に使うにはそこそこのパフォーマンスはあります。

1万円でこれだけのものを出されたら敵いませんね。

 

 

 

最後に、U20 Plusについて書いたレビュー記事一覧です。

※U20 PlusはGEARBESTさんより提供を受けてレビューしています