ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

アクションカムの固定方法はヘルメットが鉄板か?

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

先日買ったGoProもどきの安物アクションカメラ。

 

記事(実践編)はこちらですね。

スペックどおりの120FPSが何故か出来ないもののまぁ価格からしたら十分満足したわけです。

 

ただ、試しに使ったスキーでのマウント方法にはしっくりきていませんでした。

購入付属品として色々なマウントがついてきたんですが、それじゃ足りないってことで追加でamazonで買ったってのもこのブログで書きました。

そこについていたチェストマウントってのを使って先日のスキーの画像を取ったわけですが、チェストマウントはいまいちしっくり来ません。

f:id:keroctronics:20161221003908p:plain

 

滑るのにじゃまにならなくて、ブレが少なく撮れるのは…

って考えて、頭かなぁ。。。と。

 

イメージ画

 

 

実際にスキーに行ってみるとそういう人が意外と多かった。

 

っていうかヘルメットかぶっているスキーヤーってなんか多いんですね。
私がスキーをやっていた全盛期(ほぼ10年位前まで)はスノボではヘルメットは見てましたが、スキーでヘルメットって特にレジャー用途ではほとんど見なかった。

 

ところが、先日行ったブランシュたかやまでは結構多かったです。

 

少なくとも 上手い人=ヘルメット っていう感じではなかったので、買う決心をした次第です。

 

安全で且つ耳まで隠れて温かい。しかも頭の上にカメラつけられる。

メリットが多いです。

 

 

ってことで買った次第。


ただ、ヘルメットの情報って少ないですね。

スキー人口そのものが少ないのか、やっぱりヘルメット使用者が少ないのかわかりませんが、

ヘルメットの有用なレビューなんてほとんど見つけられませんでした。

 

なので、実店舗で見て回ったんですが、大きなスポーツ屋さんでもヘルメットは数個しかなかったり。。。

 

都会人なら御茶ノ水とか行くんでしょうが、田舎もんですから。。。

 

ネットなら選べはするんですが、サイズがわからない。

こればっかりは被ってみないとわかりませんからね。

 

で、いくつかのスポーツ屋さんをハシゴしてかぶりまくって、結局買ったのはサロモンのRanger2 C.AIRというモデルです。

 

だいたいどのメーカーのヘルメットも問題なかったんですが、一番しっくり来たのがGIROかサロモンでした。

私ヘルメット探し始めてGIROってブランドを知ったんですが、最近では有名なメーカーなようです。

10年前は無かったよね???

 

GIROだとNINE MIPSだったかな。

GIRO official site -NINE MIPS / NINE-

 

GIROの方が高かったので、サロモンにした。それだけです。

 

 

ほんとは全黒が良かったんですが、在庫になく、取り寄せもいつくるかわかんないってことだったので在庫のあった白黒にしました。

 

これ、Amazonではもっと高い上にレビューひとつもありません。

楽天の最安価格は上記かと思いますが、これに近い価格で買えました。もぅ時期的に売りつくしセールなんですね。

 

f:id:keroctronics:20170204184509p:plain

 

耳までしっかり隠れるのでニット帽なんかより遥かに暖かそうです。

f:id:keroctronics:20170204185047p:plain

 

ベンチレーションシステムがあり、このツマミで開け閉めができます。

f:id:keroctronics:20170204185208p:plain

なので、暑いときも蒸れるってことは少ないんでしょうかね。

 

 

f:id:keroctronics:20170204184817p:plain

スキーヘルメット後部にはこのようにゴーグルがツルン!っていかないように固定する機構があり、サロモンはゴムでした。切れたらどうするんだろう?

 

 

で、C.AIR(Custom Air)という名前が示すとおり空気でフィッティング調整ができます。

もう少し安いとダイヤル式になりますが、そちらでも良かったんですが、在庫がないので諦めました。

 

このヘルメット後部の下。首の方になりますが、

f:id:keroctronics:20170204184620p:plain

左のゴムの膨らみ部分が空気を入れるポンプ部。
右の金属の部分が空気を抜くボタンとなっていて、被ってから空気を送ってぴったりにしていくって感じになります。

 

いゃ、ほんとピタっと来ます。

このサロモンのヘルメットってアジア人向けなのかどうかはよく知りませんけどね。

 

付属品は多言語の注意書きとなぜか英語だけの取説。そしてヘルメットカバーです。

f:id:keroctronics:20170204184714p:plain

f:id:keroctronics:20170204184732p:plain

 

 

そして、ゴーグル。

これも今回買い換えました。10年以上前のゴーグルがスポンジの部分が全部ボロボロになってたので。。。いい機会かと。

サロモンのヘルメットなのでサロモンのゴーグル。ヘルメット対応っていうタイプです。

ヘルメットのツバの部分とカーブが合わないと不細工になるようで、メーカーによって微妙に形が違うようです。なので同じメーカーのものなら問題ないだろうっていうことですね。こちらはネットで買いました。

こちらもAmazonより楽天のほうが送料分安いです。同じお店ですけど。

 

同じメーカーだけ合ってぴったり合いました。

f:id:keroctronics:20170204190256p:plain

ミラー型なので家の中が丸見えなのでモザイクしてます(^^;

 

また、ヘルメット対応だからかずれないようにゴム(?)がついてて滑り止めになっているんですね。

f:id:keroctronics:20170204190351p:plain

しかも後ろが外せない。そういうもんなんですかね。最近は。

 

すべり止め付きなのでこういう形でも結構ピタっと止まります。

f:id:keroctronics:20170204190433p:plain

 

 


さて、これにカメラマウントを取り付けます。

 

場所としてはてっぺんですね。

↑の様にゴーグルをあげた時に邪魔にならない位置。

 

マウントキットにはヘルメットの曲面に合うようにちょっとラウンドしたアタッチメントがたくさんついてきましたので、それを付属の3Mの強力そうな両面テープで貼り付けるだけですね。

 

f:id:keroctronics:20170204190600p:plain

わかりますかね。アタッチメントですが、すこしラウンドしてますね。

なので多分ヘルメット用なんでしょう。

 

で、貼り付けてみました。

f:id:keroctronics:20170204190653p:plain

 

ここにカメラを取り付けるとこんな感じになるわけです。

f:id:keroctronics:20170204190743p:plain

 

スイッチのOn/Offが面倒かもしれません。

録画スタートしてヘルメットを被ってから滑り始めるって感じになるのかな。

Wi-Fiでも制御できるけど、スマホのアプリ立ち上げて操作ってのも面倒だし。

リストバンド型のリモートスイッチ対応カメラのほうが良かったかもしれませんね。


また、落下防止も特に考えていません。
滑走中にポロッととれたら気づくかなぁ?
気づかなくてなくなってもまぁこの値段ならあーあで済みそうですし。

でも、めっちゃ転んだらマウントが割れるかカメラが壊れるかするでしょうね。そしたら、またGearBestで買うかな。やっすいの。

 

 

ちなみにアタッチメントを付け替えると、テレビでよく見る自撮りスタイルにもなります。

f:id:keroctronics:20170204191126p:plain

これじゃ滑りにくそうですけどね。

 

 

 

というわけで、次回はこれで試してみようと思います。