読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

GearBest購入品レビュー Bluetoothヘッドセット Y4S

AV レビュー

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

さて、まずは真っ先に使い始めたBluetoothヘッドセットからレビューしたいと思います。

 

オフィシャルサイトはこれになるのかと思います。

中国の深センにある会社のようですね。

 

しかし、ヘッドホンイヤホンか? 耳に差し込むからイヤホンでいいんでしょう。

でもヘッドホンに対してヘッドセットって言葉がありますが、
イヤホンに対してはどうなるのかな? 一応マイクついているようですが。
調べたらヘッドセットってのはヘッドホン+マイクだけじゃなくて、
イヤホン+マイクでも言って良いようです。

なので、これもヘッドセットになるんでしょうか。

 

とはいってもパッケージには、WIRELESS SPORTS EARPHONE となっているんですけどね。

 

ってな前置きはどーでもいいですかね。

 

来てから数日使ってますので、軽くレビューしてみます。

 

まず、購入に際し、選択基準としてですけど、第一にはBluetooth。これ必須。
そしてシンプルでかさばらないデザイン。
また、今回はaptX対応と音質も重視してみました。

それでいて2980円。

まぁ私の浅いGearBest歴の中では高い買い物ですが、一般的に見ると安いですかね。


さて、先のオフィシャルサイトの紹介ページから特徴を抜き出してみると

Bluetooth 4.0
バージョン4.0ですね。省電力対応です。

aptX HD audio technology
あれ?aptXだけかと思ったらaptX HDも対応?
にわかに信じがたい

6th Generation CVC technology
なにかと思ったらノイズキャンセリングテクノロジーらしいです。
あ、マイクあったんだ。どこについてるんだろう。

Smart Voice alerts
スマートなボイスでアラートしてくれます。
これはオチがあるので後述

Pair two devices and take call from either
マルチコネクトファンクションって書いてあったけど、2つのデバイスと同時にコネクトできるってことでしょう。
で、どっちかから電話をかけるってどうやって選択するのかなぁ。

iOS displays headset power meter
iPhoneでは電池の残りが表示されます。
以前のもそうでしたが、リニアに減らない感じで100%→80%→電池アラートって感じでしたけど今回はどうだろう?

 

ここらへんはパッケージにも9ヶ国語で書いてあり、その中に日本語もあります。

 

  • Hi-Fiオーディオ技術
  • ダブルマイク第6代CVCノイズリダクション
  • 多設備同時接続
  • iOSシステム電力表示

 

と、日本語なんだろうけど、うーむ。。。っていう表現ですね。

 

特徴としては
Talktime: 4 hours
Music time: 4 hours
話したり聞いたりは4時間。電話はそこまでしませんが、音楽で4時間はちょっと心もとないですね。
本体の小ささからしたらしょうがないでしょうか。しかし、バッテリーはどこにはいっているんだろ?

Standby time: 180 hours
スタンバイ時間は180時間だそうです。

Bluetooth profiles: A2DP/HFP/HSP/AVRCP
A2DP オーディオ
HFP 電話の発着信や通話
HSP ヘッドセットでの音声入出力
AVRCP リモート操作
なので必要最低限はありますね。

 

 

です。

 

でもでもでも、パッケージを見ると

UP TO 8hours TALK TIME
UP TO 8hours MUSIC TIME
UP TO 300hours STANDBY TIME
ABOUT 10 meters WIRELESS RANGE

とほぼ倍のスペックが書いてあります。

 

パッケージをよく見るとY4S

GearBestのページはY4。オフィシャルサイトもY4。

あら?違う型番ってことか?

オフィシャルサイトにY4Sが見当たらないんだけど。。。

 

まぁスペックは上そうだからいいかな。

 

 

 

 

さて、本体を見ていきます。

箱は意外と高級っぽいです。

f:id:keroctronics:20161130004943p:plain

f:id:keroctronics:20161130005000p:plain

 

内容物はコレだけ

f:id:keroctronics:20161130005016p:plain


本体、マニュアル、イヤークッション大小2サイズ、ケーブル止めの予備、USBケーブル です。

 

マニュアルがなんと中国語オンリーです。

だいたい中国語と英語が両方あるもんじゃないですか。普通。
でも中国語オンリー。

パッケージに書いてある特徴は先程も書いたように9カ国語あるのに。。。

 

当然ながら解読は困難です。

中国語って漢字があってもそれの入力方法がわかりません。なのでググれないし翻訳も難しい。微妙に日本で見る感じと違うのがいっぱいあって大変です。。。

 

でもまぁ、この手のものは難しくないですからね。

マニュアルの絵と漢字でなんとなーく理解できます。

 

基本操作は電源のON/OFF、ペアリング、ボリュームのUp/Down
だけでしょう。

あと曲送りとかは使ってみればわかるでしょう。

 

ボタンは3つあります。

f:id:keroctronics:20161130005450p:plain

+とーが書いてあるのはボリュームでしょう。

とすると残りの真ん中ボタンが電源でしょう。

ボタンを長押しすると青いLEDが光ったのでこれで電源ON。

またボタンを長押しすると赤いLEDが光るのでこれで電源OFFですね。

 

で、電源ONになった際にさらにボタンを押し続けていると青LEDが点滅始めるのでこれがペアリングですね。

この時にiPhoneで検索するとY4Sというデバイスが見えますので、そこでタップしたら接続完了です。

 

また、接続時にパスコード聞いてきたら0000入れろ!ってのはなんとなーくマニュアルから理解できましたがiPhoneでは特に不要でした。

 

まぁここらへんの操作は殆どの機器で同じかと思われます。

 

で、これでiPhoneで音楽聞くだけでは十分使えます。
+ーで音量ボタン。
真ん中のボタンでPlay/Pauseってのはわかりました。

他はよくわかりません。

 

でも調べたらここに英語マニュアルがあることがわかりました。

http://www.cannice.com/Files/Download/y4%20user%20manual.pdf

Y4ですけどね。Y4Sは見当たらない。

でもまぁ操作は同じようです。

 

英語のほうが中国語より遥かにわかりやすいです。翻訳も出来るし。

 

真ん中のボタンはマルチファンクションボタンって言うんですね。

ちなみに中国語マニュアルですと多功能健です。まぁなんとなくわかりますかね。

 

で、操作をおさらいすると
Music時
マルチファンクションボタンでPlay/Pause
+ボタン2秒長押しで曲送り
ーボタン2秒長押しで曲戻し
電話がかかってきたら、音楽は自動的にPauseになり応答するかしないかを委ねられます
応答が終わるか拒否されたら音楽は再開されます。

電話時
マルチファンクションボタンで応答
マルチファンクションボタンを2秒押し続けると応答拒否
マルチファンクションボタンで通話終了
マルチファンクションボタンを2回押しでリダイヤル
ーボタンを2秒押すことでMute On/Off
通話中+ボタンを2秒押すことで、このイヤフォンと電話本体とを切り替え
通話中に新しい電話があった際にマルチファンクションボタンを押すと、今までの通話を終了し新しい電話に応答します。
通話中に新しい電話があった際にマルチファンクションボタンを2秒押し続けると、今までの通話を保留にして新しい電話に応答します。
また2秒マルチファンクションボタンを押すと通話先を入れ替えます。

ってな感じでしょうか。

 

中国語マニュアルだけだとこんなの理解できません。なんとなーくはわかりますが。

 

 

さて、まずは充電です。

このコントローラ部にマイクロUSBの差込口があります。

f:id:keroctronics:20161130010507p:plain

充電中は赤。充電完了はブルーに光ります。

 

 

 

そして、実際の使い勝手ですが、電源ONにするとなんか聞こえたので、以前のDyanの用にPower Onってしゃべってくれるんだ!
って思って聞き直してみましたが、どうも違うようです。

そぅ。中国バージョンですから中国語で喋ってるようです。
電源ONだとか電源OFFだとかコネクトしたよとかバッテリーが少ないよとか
わかるわけないやん。

ニイハオ、謝謝、イーガー、リャンガー、サンガー、マイタン
これだけ覚えてればいいと上海出張した際に教えてもらいました。
このどれも喋ってくれません。(あたりまえ)

f:id:keroctronics:20161130005840p:plain

こんなふうにしゃべってくれてるようです。

こんなんわかるかっちゅうねん。。。

 

まぁ普段仕様には支障がないはず。

念のため、設定で英語版に変えられないのかな?
普通は違うROMにしないよね。ってことでダメ元でメーカーにボタン操作で言語買えられないのかって聞いてみました。

それから数日経っているんですがいまだに返事はありません。

 

 

さて、使用感ですが、フィット感はなかなかいいです。

この手の耳の上から回して差し込むタイプのイヤホンは初めてなんですが、しっくり来たときにはしっくりします。

まぁまだ慣れてないのでしっくり来るまでなんども取り付けをトライすることもありますが。。

軽くて重さは全然感じません。

また、装着時には周辺の音があんまり聞こえなくなります。
フィットしているから聞こえないわけじゃなくて、ノイズキャンセル機能が効いているんじゃないかと思います。

であれば、安全性という意味ではイマイチかもしれませんが、そういう仕様ということで、ノイズキャンセル機能に関しては十分効いているってことになります。

 

肝心の音質です。
aptX(HD?)対応ですが我が家に対応機器がないという有様。。。
なので最大音質は評価できません。

普通に聞くには十分です。耳の悪い自分ですけど。。。

でも、依然買ったロジテックのBluetoothイヤホンだけはさすがに音質悪い!って思いましたけどね。


で、マルチコネクト機能
iPhoneとAndroid(P8max)で両方接続して、どちらの音も聞こえはします。

これが使えればすごく便利なんですが、残念ながら2つコネクトしている状態だとノイズが出たり、うまく聞こえなかったりと実用的には使えません。
接続一つのみであれば全然問題なく綺麗に聞こえるんですけどね。

 

電話をかけてみるとかまだまだやりたいことはたくさんありますので、後日!
と言いたいんですが、残念ながらできません

 

 

どうやら無くしてしまったようです。

 

 

かさばらなくて軽いっていうのはこういうデメリットもあるんですね。

昨日朝はありました。ポケットに入れてたんですが、違うものを出し入れする際にポロっと落ちたのかもしれません。
見当たらないんです。

一応途中で寄ったスタバに電話して落し物があったか聞いてみたんですが、ありませんでした。

であれば、道端に落としたかなぁ。。。

あぁぁぁGearBestとはいえ3000円もしたのに。。。

 

ひょっとしたら家からひょこっと出てきたりしてって期待してますが、まだ出てこない。。。。


仕方ないからまた同じの買うかなぁ

って思ったらOut of stock

復活した音楽人生が一瞬で無音に。。。

あぁぁどうしようかなぁ。。。