読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

所詮その程度の品質か

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

我が家でホームシアターシステムと美容家電との相性問題が発生しました。

 

とは言っても、ホームシアターシステムと美容家電なんて接続とかしませんから相性っていうのは変かもしれませんね。

でも、まぁこの組み合わせで起こる問題です。

 

ホームシアターシステムってのは例えばこういうヤツです。

で、美容家電ってのは例えばこういうヤツです。

 

ホームシアターシステムの近くで美容家電のスイッチを入れると、ホームシアターシステムが暴走してガガガ~って爆音を上げる。ホームシアターシステムの電源落とすまでなおらない。

という不具合です。

 

爆音時は普段の音量よりはるかに大きくなるので、夜これに遭遇した際にはかなりビビりました。ご近所さんにも聞こえてたかと思います。

 

最初は理由がわからず、嫁がなんかいじったのか?って思いましたが、どういじってもあの爆音はおかしいでしょう。

また、当初はまさか美容家電と関係しているとも思っていませんでした。

 

で、その後無かった事にしてたんですが、また同様の症状が起きてしまいました。

 

 

そこで、これは再現性がある!
ってことで、色々と調べていくと、嫁が美容家電のスチーム機能をONした瞬間にホームシアターシステムが爆音になることがわかりました。

電源からのノイズ混入かなって思って、子ブレーカーの違うラインに繋いでみたのですがそれでも同様な症状が出ます。

なので電源から入り込むノイズとは違うようで、どうやら電磁波のようで関係有るのは距離のようです。

ほぼ100%の再現性です。

 

テレビボード中にホームシアターシステムが入っていて、テレビボードの前のリビングテーブルの上に美容家電を置いて使うって感じでしたので、距離はだいたい30~50cm位って感じでしょうか?

 

スチーム機能をONにするとカチッって音が聞こえるのでおそらく中でリレーが動いているのでしょう。そしてそのONになった瞬間に電流が大きく流れてノイズが出るんだと思います。
とは言っても、スチーム機能動作時の消費電力は300W弱です。ドライヤーなんかとは全然違って少ないですが、まぁヒーターですからそれなりの電流かとは思います。

 

困ったのはメーカーが違うこと。

ホームシアターシステムはAVメーカーというかゲームメーカーっていうか金融屋さんっていうかデバイス屋さんっていうか、なんて言えば良いのかとにかく大企業。まぁ仮にS社としましょう。

で、美容家電のほうはAVメーカーでもゲームも一瞬出掛けたこともあるデバイスもあるけどやっぱり白物が有名かなっていうとある大企業。仮にP社としましょう。

 

どちらの機器もちゃんとしたメーカーの製品ですからノイズ試験も対策もしているはずです。

 

ちなみに、EMCと呼ばれるノイズに関する性質ですが、
ノイズを出す事に関する耐性はEMI(イミュニティ)
ノイズを受けることに関する耐性はEMS(エミッション)
と分けられます。

簡単に言うと
EMIは人様にノイズを撒き散らさないこと。
EMSは人様からのノイズで影響されないこと。
です。

それぞれ基準があり、その製品が必要とされる規格内に入っている必要があります。


私の経験上、この中でEMIの方が昨今の製品では結構苦労します。最近のデバイスが使う高周波(高調波含みます)はなかなか抑えられない。昔みたいにGND多くしとけばOKだよとかっていう簡単には行かないんですね。

シミュレーションとかも出来るんですが、そこまで精度良くないので試行錯誤となることが多い。

筐体のネジの締め付けトルクの違いで変わってきたりもします。
お金かければそれなりに抑制できますが、なるべくコストかけずに済ませたいですしね。

 

で、最低基準は規格でカバーしますけど、その規格を超える場合。
どのような動作をすべきかってのはおそらく各社内でのローカルな品質基準というものが決まっているかと思います。

画面にノイズが出なければOK。
ハングしなければOK。
ノイズ源がなくなって自動復帰すればOK。
リセットして復帰すればOK。
電源入れ直して動けばOK。
壊れないこと。
壊れても出火しなければOK。

等々、色々なレベルがあります。

最近の製品設計では、こういうノイズ系、そして熱。そういった対策に費やす工数のほうが多いかもしれません。

ここらへん新人エンジニアやゼミの学生さんとかに話すと驚かれるというかがっかりされることが多いです。試作で動けば量産は直ぐにできるって思ってるようですので。

 

 

でも、今回の方はEMIでなくEMSですね。

有名なところでは静電気対策です。

ESDって呼ばれてますね。物を触って静電気を飛ばすことあるでしょう。それに対する耐性です。

ある程度までは壊れてもらっては困ります。

 

今回の不具合もこれに近いかもしれませんが、これだけじゃありません。

ちょうどこのページに詳しく載っています。

www2.panasonic.co.jp

ESDだけじゃなくて、色々な耐性が必要なんですね。

 

と、専門な話になりましたが、元に戻ります。

 


で、この場合、
ノイズを受けて爆音を出すってのはあきらかに品質が悪いって言えるかと思います。

美容家電の方がどれだけのノイズを出しているのかわかりませんが、少なくとも近くにあるテレビや他の機器には影響がありません。

まぁあったとしても一瞬ノイズが出る程度。

なので、ホームシアターシステムもプチってくらいのノイズが出てもいいんです。ただ爆音出す暴走はダメだと思います。

完全暴走でしょコレ。暴走してもウォッチドッグでリセットかかるってのも無いのか?あってももっとすごく長い時間なのかな?

とにかく、火を噴くとか命の危険は無いまでも最悪に近い不具合時の症状かと思います。

 

 

ってことで、ホームシアターシステムの方のS社のサービスステーションに連絡して来てもらいました。

まだ保証期間内だったので、無料で直してもらえるのならラッキーです。


で、一通り症状を確認してから、持ち帰ってみますってことで、(案件を)持ち帰ってもらいました。

 

そして、しばらく待たされて先日来た結果が、

離して使ってください。そういうものです。

 

つまり不具合という認識ではなく仕様ですってことです。

 

また、

相手がP社さんの機器なんで、P社さんもノイズ出してると思いますし。。。

というまぁ曖昧でごまかしな回答です。

プチっっていうノイズとか、あるいはハングして無音になるってのならともかく、超迷惑なガーーーーーっていう爆音が出るのは、フェイルセーフ的にもひどい不具合なんですが、、まぁいまさら言われても対応しなくていいよって判断なんでしょう。

ということで、個別の不具合ではなく、どの製品も同様なことを行えば同様な症状が出るということでしょうね。

 

ということであれば、対応も電気的な対策は基板書き換えないと無理だろうし、ソフト改善でなおるとも限らない。

 

 

EMS/EMIのテストをS社さんでもしていると思うんですが、ちゃんと全部通っているのか?って疑問に思っちゃいますね。

天下のS社さんもその程度だってことか?

まぁP社さんの美容家電が規定以上のノイズを出している可能性もありはします。
我が家の他の機器の耐性が強いだけかもしれません。

 

 

これ、両方とも同じメーカーだったらなんとかしてくれたのかなぁ。。。
やっぱり近づけないでねって言われちゃうのかな。

同じメーカーと言ってもAVと美容家電なんて事業部とか別ですからね。
そんな所同士がうまく連携をとって…って大企業でできるとは思えない。。。

 

まぁ同じ不具合を訴える人が100人とかもっと出てきたら少しは考えてくれるのかもしれません。
いないでしょうけど。。。