読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

SIMが付録につく家電批評の4月号は3/3発売です

MVNO

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

先日紹介したSIMが付録となる家電批評2016年4月号です。

keroctronics.hatenablog.com

3月3日に発売開始となります。

紹介当時は 出版元の晋遊舎のWebに情報がみあたらず、Amazonに書いてある情報から紹介したわけですが、

今見たら晋遊舎のWebに載ってました。

家電批評2016年04月号 | 晋遊舎ONLINE

 

なので、再度確認してみたいと思います。

 


まず、付録品ですが、デジモノステーションの時のようにSIMは付属しません
SIMを貰えるエントリーコードが付いているということです。

 

すぐに使えないというデメリットがある代わりに、使いたいSIMサイズやデータだけじゃなくて音声付きプランとかも選べるというメリットもありますね。

 

で、SIMはBICSIMではなくてIIJmioのようです。BICという言葉は出てきません。
まぁ元々は同じようなものですからあんまり関係ないですかね。

 

本を買って、中に書いてあるエントリーコードをIIJmioのWebサイトに入力すると後日SIMが届くという仕組みのようです。

電子書籍版にはエントリーコードがつきませんので、ご注意ください。

 

選べるプランは

が選べるそうです。

 

プリペイド以外はIIJmioのプランかと思いますが、
IIJmioで展開している

  • ミニマムスタートプラン 3GB
  • ライトスタートプラン 5GB

は選べるとしても
ファミリーシェアプランまで選べるかどうかは微妙かもしれません。

 

で、これらの初期費用(3000円)が無料となるのがメリットだそうです。

まぁ本代(680円)がかかりますけどね。

 

ということで、実際のSIMの仕様はIIJmioのサイトに限りなく準拠したものになるかと思います。

www.iijmio.jp

 

 

さて、、、どうでしょうか?

0SIMの時のようなお得感は無いのかもしれません。。。。


初期費用が3000円じゃなくて680円というのは確かにお得です。
でも、それだけです。

 

今はMVNO各社は色々とキャンペーンやってますよね。
初期費用を無料にしたり、毎月の費用から値引きしてくれたりとか、
そういったのを狙うほうがお得かもしれません。

まぁ、品質には定評のあるIIJmioですから、IIJmioがいい!って人にはまぁいいかもしれません。

 

で、唯一お得感がありそうなのが500MBプリペイドプラン

これは未契約で使えるってどこかで情報を仕入れたんですが、先のWebには書いてないですね。
情報の確度は低いかもしれませんが。。。

 

でもまぁクレジットカードやらいろいろな情報が不要で契約できて500MB使いきるまで使えるってのならお試しで使いたいって人はいいかもしれません。
ただ、使用期限はあるかと思います。1ヶ月以内とか。

 

あくまでもお試しとかだけです。

考えようによっては680円で500MBですからね。ちょっと割高ですね。

プリペイド終わってその後も使いたいって人なら、最初っから他の契約をするほうがいいかもしれません。

データプランなら解約費用かからないのがほとんどですから、

 

 

というわけで、デジモノステーションのようにはお得感はないばかりか、世の中のキャンペーンの方がいいんじゃないかなぁって思うような感じです。

二番煎じなのにしょぼくしてどうする???

 

でも、こういうAKB商法してるようじゃ本そのものは衰退の一途ですね。

 

 

格安SIM始めたいのならこんな本じゃなくてキャンペーンを利用しましょう。

 

mineoは3月末まで

 

DTIは3月末まで

お申し込み内容の入力|『DTI SIM』 半年タダでお試し!キャンペーン

 

延長したFREETELは3/2まで

SIMフリースマホNo.1記念 最大1年間ゼロ円キャンペーン|FREETEL SIM|FREETEL(フリーテル)