ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

イオンモバイル強烈デビュー

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

イオンでMVNOデビューしたのは2011年の夏だっけな。
懐かしい。。。

 

さて、そのイオンがMVNO参入です。

私が買った頃からイオンではMVNOの格安SIMは扱ってました。
一応イオンブランドではありましたが、私の買ったb-mobileだったりIIJだったり、販売をしてただけ。いわゆるリテーラーっていうんでしょうか。

 

で、そのイオンが自社ブランドで出すようです。
ドコモ系だとは思いますが、その下のどこの系列なのか、あるいは独自なのかはよくわかりませんが、とりあえず自社ブランドです。

2月26日イオンモバイルが変わる!
MVNO事業者として新たなサービスを開始します
(PDF)

 

 

3大謳い文句は、

  • サポート
  • 価格
  • 解約金0

です。

 

サポートはあちこちにAEONありますからね。駐車場もあるし。強力な売りになるでしょう。

 

価格ですが、業界最安級と謳ってます。
業界最安値から業界最安値水準に変えたDMMさんとか業界最安クラスとか言いう言葉はありましたが、業界最安級と新しい言葉が出てきました。
さて、どんな級なんでしょうか。
まずプランを見てください。

f:id:keroctronics:20160218231813j:plain

すごいラインナップですね。全29プランだそうです。

今までLTEでの最大容量って無制限を除くと、DMMの20GBが最大だったでしょうか。
それでもメジャーじゃないようで、各社のラインナップを見るとまぁ10GBが最大ってところが多いみたいですよね。

それがいきなりの50GBです。

50GBで13800円です。シェアパック30の30GBで22500円のドコモさんと比べるまでもないこの価格設定。安いですね。

また、価格を他社の1/3と謳ってます。

f:id:keroctronics:20160218232539j:plain

ですが、他社ってのはキャリアさんであってMVNO競合他社じゃないですね。
しかも※通話はしない場合の料金ですと、通話定額は勝手にどけてるし。。。

ちょっとこれはちょっと言いすぎでしょうか。

 

で、MVNO他社さんと比較してみます。
※金額は税込みです

f:id:keroctronics:20160218232858j:plain

黄色がAEONですが、50GBまで載せると全然わかりませんね。
20GB以下にしてみましょう。

f:id:keroctronics:20160218233239j:plain

これでも5GB以下あたりはもう殆ど差がわかりません。

でもまぁ最安レベルだってのはわかるでしょう。特に12GB以上はDMMなんか目じゃない位安いです。

 

単価の比較では

f:id:keroctronics:20160218234123j:plain

と、かなりの競争力になります。

DMMのグラフを見てもらえばわかるように、飛び抜けて単価の安い5GB/10GBに対してはあえて勝負を避けてきたって感じですね。イオンなかなかやりますね。

 

これなら十分業界最安級と謳ってもいいんじゃないでしょうか。

難を言うと音声プランの割高感ですかね。
一律+700円じゃないです。+500円~+1000円とばらついてます。

他社を見ての価格設定でしょうか。

 

それよりも目玉なのはシェア音声プラン

音声SIM1枚とデータSIM2枚の組み合わせです。
これの価格が先の音声プランとの差額が2、300円程度しかありません。
この使い方にハマる人はかなりお得ではないでしょうか?

しかもシェアオプションとして+700円でデータSIMが音声対応となるので、
家族3人音声+データということも可能となります。


例えば6GBの音声シェアプランが2280円。
これに音声オプション×2をつけると3680円。

これで音声+データ2GBが3人使えます。一人あたり1,230円。

家族3人なら合計6GBでなんとかなる方は多いかと思います。
比較的現実的なプランでしょうか。

これを、例えばDMMの2GBデュアルプラン×3で考えると、1470×3=4410円。全然安いですね。

っていうかDMMもシェアプランがあるので比べてみましょう。
DMMとイオンの両方でダブっているプランでは、
8GBシェア(通話x3)
 DMM 4240円  イオン 4380円
20GBシェア(通話x3)
 DMM 8190円  イオン 7680円

 

となります。

さすがDMM。でも、大容量だと単価の高いDMMは負けちゃいますね。

でもかなり安いのには変わりありません。

 

さて、最後の謳い文句の解約金0

f:id:keroctronics:20160218235606j:plain

え?音声プランの違約金がないってこと???まさか。。。

でもデータプランなら今までも解約金は0のはず。
わざわざ謳うんだから音声プランってことだと考えていいでしょうか。
信じ難いんですが、これだけ安くしたから外へは出て行かないよっていう自信の現れなのか?

必ず戻ってくるであろうキャリアさんの一括0円とかになった時に踏み台にならないのか?
気になりますね。

あっ解約料は0だけどMNP転出手数料が高いとかっていうオチはあるかもしれませんね。うん。きっとそうだ。


また、

容量繰り越しは翌月までありますし、超過時は200kbps。ってのはまぁ他社並みかな。


あと気になる3日間制限と気になりますが、まだ詳細はわからないので、詳細が分かり次第検証してみたいと思います。50GBとか出してくるんなら3日間制限はないのかとは思いますけどね。

 


DTIだとDMMだのって言ってましたが、まさかのAEONです。
今後の大穴になるかもしれませんね。