ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

自作PC インストール&ベンチマーク編

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

さて、電源スイッチやLEDなんかは無いもののなんとか起動するようになった自作PCです。

 

BIOS(UEFI?)でのメモリの設定はDDR3-1333のまま1600に設定できません。
マザーのBIOSを最新にアップデートしてみても同じ。

f:id:keroctronics:20150608093048j:plain

DRAMのパラメータを1600の設定に出来ないこともないんですが、そこを買えたからといって周波数が変わるわけではなさそうです。どうすれば1600になるのかなぁ。。。

 

 

って思ってたんですが、解決しました。
CPU(Pentium G3258)がDDR3-1333までしかサポートしていないようです。
なので、オーバークロックすれば1600使えるようになるのかな?

 

 

さて、動作確認は終わったので、OS入れてみます。

 

現在使っているWindows7マシンを入れ替える予定ですが、入れ替えるにはまだ早々なので、とりあえずWindows10のプレビュー版ってのを入れてみました。

 

まず、どうやってインストールするかですが、マイクロソフトのWebからISOファイルをダウンロードしました。

ただ、CDROMをつけてないし、ドライブを現PCから取り外して付け直すってのも面倒なので、USBメモリ

Rufus - Create bootable USB drives the easy way

というツールを用いて書き込みました。

 

それを挿して起動すると、勝手にUSBから起動してくれてインストールが始まりました。

 

しかも終わるのが早い。

モニタ1台で共用してるので、途中経過が見れてないんですが、10分後くらいに切り替えた見たらもう終わってました。

f:id:keroctronics:20150608094106j:plain

 

え?失敗した?って感じの早さです。

今までのWindowsのインストールなんて、インストールしてそれからWindowsUpdateをかけて再起動してってのを延々繰り返して半日くらいかかる って感じでしたから、あっけなさすぎてびっくりです。

f:id:keroctronics:20150608094236j:plain

 

で、ここでネットワークに繋いでみたら、裏で色々なアプリがアップデート(インストール?)しはじめましたみたいですけどね。

 

 

 

さて、定番のベンチマークしてみます。

まずCPU-Zによるシステム情報

CPUは定格のまま

f:id:keroctronics:20150608094909j:plain

メモリは666MHzだから1333動作になってます。

f:id:keroctronics:20150608105717j:plain

 メモリはDDR3-1600をサポートしてますね。

f:id:keroctronics:20150608105800j:plain

グラフィック
f:id:keroctronics:20150608105844j:plain

 

 

さて、ベンチマーク結果ですが、

Windowsエクスペリエンスコマンドプロンプトからの起動ではOKでした。
それをWinSAT Viewerで見た結果

f:id:keroctronics:20150608110103j:plain

現マシン(core i3-530 より全ての項目で点数が高いです。)

最近のPentiumってすごいのね。

 

CristalDiskMarkの結果

f:id:keroctronics:20150608110600j:plain

まぁこれはSSDですからね。

 

CristalMark

f:id:keroctronics:20150608111050j:plain

 

3DMARK

f:id:keroctronics:20150608111513j:plain

画面見てたら3Dは流石にきつそうだった。。。

 

 

 

って感じです。

 

 

とりあえずインストールして走らせただけなので設定とかいじってません。

なので、ひょっとしたら設定で変わってくるのかもしれませんね。

なにせベンチマークなんて普段やらないものですので。。。。

 

 

さて、これで一通りの動作確認とパフォーマンス確認はできました。

 

普段使いには十分過ぎるパフォーマンスな感じですね。

3Dとかゲームをやりたくなったらグラフィックカードか内蔵グラフィックが強化されたBroadwell-Kとかを考えてみます。

 

まずは、ケースをどうするかですね。
安いの買ってくるか、今のと入れ替えるか作るか。
どーせならアクリルとかアルミ板とかで作ってみたいけどなぁ。