ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

楽天モバイル IIJに対抗してプラン改編

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

先日の発表で4月から価格そのままで容量アップするというIIJmio高速モバイルですが、それに対抗すべく、楽天モバイルもプラン改編してきました。

楽天モバイル 月額料金は据え置きで高速通信容量を大幅増量|フュージョン・コミュニケーションズ株式会社

 

時期は同じく4月からという素早い対応です。

 

楽天モバイルは今までは2.1GBパックとかっていう容量がそのまま名前になるプラン名だったので、そのプラン名ごと変更になります。

f:id:keroctronics:20150317005111j:plain

と、200k使い放題ってのはそのままですが、IIJmioと被っていた3つのプランを価格そのままで容量アップです。

 

すべてのプランにおいてIIJmioを少し上回ってます。

月900円 2.1GB → 3.1GB
IIJは 900円 3GB

月1450円 4GB → 5GB
IIJは 1520円 5GB

月2260円 7GB → 10GB
IIJは 2560円 10GB

0.1GB上回ったままっていうのは日本通信を思い出させますが、日本通信は0.01GBでしたからね。あれよりはマシです。


また、SMS付きにしても+120円ですむ楽天に比べ+140円のIIJは負けています。

音声プランで比べるとそれぞれ3つが、
楽天の1600円、2150円、2960円に対し
IIJは 1600円、2200円、3260円と、IIJ全敗です。

ただ、10GBに関しては楽天はシェアプランなのでSIM3枚まで持てるメリットは有ります。
これ楽天は1枚のようです。


また、楽天はセットスマホとしてのZenFone5は世間と違って8GBだ!って言ってたんですが、今見たら32GB版も売っているようですね。29800円。
価格差が少ないのでこれなら32GB版のほうがいいんじゃないでしょうか。

 

 

というわけで、グラフを更新するとこんな感じになり、楽天モバイルがトップにたちました。

f:id:keroctronics:20150317005534j:plain

黄色がIIJmio。オレンジが今回の楽天モバイル。
この2社が飛び抜けてますねぇ。

 

私の使い方でも月2GB弱なので、もぅ3GBもあれば十分なんですけどね。
これで1000円。通話も入れて2000円なら十分でしょう。

 

あとはZenFone5のようなコスパの良いスマホが充実してくれば移行できますが、通話が横並びなのがつまんないところですね。

今のキャリアの昔のプランの家族無料ってのが結構重宝してるので。