ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

So-net光 詳細発表 30ヶ月って長すぎでしょ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

FVNOの中では真っ先に参加表明をしたSo-netさんです。
ただ、詳細は後日ってことでした。

後出しになりますが、詳細がようやく発表されました。

プレスリリース | So-net 会社情報

他と違うのは長期割引ということでしょうか。

しかも2段階であります。

 

他社も長期割引のようなものはありますがだいたい2年です。
2年契約で割り引きますという感じ。

まずSo-netの1段階目の長期割引は30ヶ月と長すぎです。
しかし30っていうときりが良いですが、年で言うと中途半端ですよね。
いつが更新月か忘れそう。。。

で、解約金は7500円と平均レベル。ただ30ヶ月も契約させといて7500円ってのは高いとも言えますね。

 

しかしそれだけじゃなく、さらに2段階目の長期割引があります。

新規に光を契約する人にはさらに30ヶ月400円引き
長期割引(So-net長割)と合わせて900円引きになって戸建て4800円。マンション3700円になります。

 

じゃぁフレッツ入ってる人は一旦解約した方がいいかっていうとそうじゃなくて、フレッツ光からの転用の方には段階的な割引があります。

説明が面倒なので、画像を引用します。

まず戸建てhttp://www.so-net.ne.jp/content/so_net/corporation/release/2015/pr20150209_3053/_jcr_content/parsys/image_d83a.img.png/1423215642038.png

次がマンション

http://www.so-net.ne.jp/content/so_net/corporation/release/2015/pr20150209_3053/_jcr_content/parsys/image_a72d.img.png/1423215794017.png

 

転用の人は5年目以降もこの割引が継続されるようですが、新規の人は30ヶ月の割引が終わると元の費用にもどるようです。

これはちょっとおかしいですね。

転用だとずっと1000円引きになるのに、新規だと30ヶ月後に500円引きに戻ってしまう。
そこからさらに30ヶ月の契約に更新するメリットが少ないですね。

おそらく30ヶ月後までには引き止め策でフレッツ転用の人と同等な割引になるんじゃないかなーって思いますけどさて。。。

 

 

さて、注目しているMVNOとのセット割ですが、
スマホセット2480が200円引きの2280円になるそうです。

スマホセット2480ってのは、
Ascend G620Sというミドルスペックなスマホと月1.5GBデータ通信と音声が使えるSIMの組み合わせです。

でも200円引きってso-net会員なら、光コラボ使わなくてもできるはずですし、
セットスマホの実質価格は15000円程度とはいえ、SIM自体月1.5GBにしては割高価格なのでこのサービスはイマイチな感じですね。

 


総括すると、

ずっとSo-net使ってきてて今後もずっとSo-netだっていうソニー関係者の方。ソニーファンの方。或いはたまたまSo-netで今後もプロバイダ変えたくないって方で、且つフレッツ光利用者にはお勧めでしょうか。

新規の場合は30ヶ月後に割引が減るってのはちょっといただけないのでおすすめしにくいです。

DTIとかIIJmioの方がいいんじゃないでしょうかね。

 

ちなみに私は以前ADSLISDNな時代にはSo-net使ってましたが、or.jpからne.jpにアドレス変更があった時にプロバイダ変わらないのにアドレス変わるのが面倒くさかったって過去があり、So-netにはいい思いがありません。

ただ、今使ってるGMOBBに比べたらはるかに良いですけどね。GMOBBは安かろう悪かろうなので割りきって使うにはお勧めとはいえますけど。