ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

MVNOを選ぶ時にまず考える3点

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

MVNOって言葉は知らなくてもマツコのヤツとかって言われ方をされるようになったので、あのCMはそれなりに効果があるんでしょうかね。

安くなるんでしょ。どうすりゃいいの?と。今日というかすでに昨日ですが聞かれました。

 

 

一言安いですよ。おすすめです。

っていうわけにはいかず、安いのは通話できないとか、キャリアメールが使えないとか、使える端末とか、色々とレクチャーしないといけないわけです。

こういうの簡単になってほしいですね。

 

 

さて、今日聞いてきた人が買うのかどうかはわかりませんが、とにかく安くしたいというので、選び方として

  1. 初期費用が3000円位かかるけど、キャンペーンで安くなってることが多い。
  2. 自宅回線のプロバイダーがMVNOサービスやってれば安くなることもある。
  3. 柔軟にプラン変更ができるやつがいい。

と、ざっくりとこんな感じでまずは調べてみてくださいって伝えてみました。

 

1.はそうですね。月々数百円の費用ですので、初期費用の3000円は大きいです。
100円安い方を選んでもその元を取るのが結構かかったりします。
キャンペーンとか、amazonとかで普段から安く売ってるとかもあったりするので、なるべく初期費用が安いものを選びたいですね。

 

2.は大事ですね。パッと覚えているのは、OCNとかNiftyBIGLOBEあたりかな。ここらへんなら自宅回線のプロバイダーになっていればモバイルサービスも200円位安くなったりします。

900円中の200円って大きいですからね。

今日聞いてきた人はso-netだって言ってたんでどうかなぁ?あったかなぁ?

 

3.は、そうですね。最初は2GBプランだけど、いっぱい使うから4GBに変更したいとか、SMSつけたいとか、通話もつけたいとか、そういう希望があった時に対応できるのか?できるとしたらいくらかかるのか?等々の柔軟性が大事ってことです。

 

 

即興だったので、この程度しか話してないんですが、まぁあながち間違ってはないでしょうかね。

 

とは言いながら、このブログでは上記3点についてはほとんど触れずに比較してますけどね。

実際の選択にはこんなことも考えて欲しいかなって思います。

でもまぁ本当に大事なのは少々の費用差じゃなくて通信品質なんですが、こればかりは使ってみないとわかりませんかね。

 

 

で、具体的に俺の場合はどれがいいのよ?
ってのはとっても面倒なので、調べてみてくださいよって言いましたけどね。

さて、実際にちゃんと調べてくれるかなぁ?