読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

ドコモの2回線をデータ化してきました

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

(2014/3/15 追記あり)

会社帰りにドコモショップに寄って、先のMNP2回線をデータ化してきました。
iPhoneの方は途中諦めかけましたが、なんとかデータ化出来ました。

 

データ化以外の手続きも行いましたが、これはまた機会があれば書いてみます。
今日はデータ化の話で。

 

 

ってことで、会社を上がってすぐに会社最寄り駅近くのドコモショップへ。
このドコモショップは窓口が10個以上ある結構大きめのお店。
15分位待って手続き開始。

 

 

まずは問題なく行けそうなF-01Fから。

 

現在は音声契約。
簡単に言うと、タイプXiにねん+パケホーダイダブルの契約です。

これをデータ化します。
具体的には、Xiデータプランライトにねん にするわけです。

 

今月は今のパケホーダイダブルのままで、来月から Xiデータプランライトにねん に変えるって方法ができればいいんだけど、これは出来ないらしい。

なので、まずは、Xiデータプラン2にねんに変更します。

これは2段階のプランなので、パケット使用量が下限に収まっていれば日割りになるらしい。

まぁほったらかしていると下限なんて超えてしまうので、電源OFF、データ通信OFF等通信しないまま置いておきます。

 

これで来月からXiデータプランライトにねんにします。
これはあらかじめ予約できます。
2/1から適用でXiデータプランライトにねんに変更と。

 

ドコモショップのおねーさんが、月々サポートが消えます!なんて言うのでビックリしたんですが、Xiデータプラン2にねんじゃなくて、Xiデータプランにねんと勘違いしてました。危ない危ない。。。
っていうか名前が紛らわしくて覚えられない。。。

 

 

これで、データ化されたので、音声のタイプXiにねんが解約になりました。

2年契約のタイプXiにねんですが、Xiデータプラン2にねんもXiデータプランライトにねんも2年契約なので、解約金は発生しません。

タイプXiにねんが無くなったので、当然ながらドコモにのりかえ割も消滅してしまいます。

 

2月1日からXiデータプランライトにねんになります。
Xiデータプランライト割も2月1日より適用されますので、パケット使用料が3980円になります。

 

最初に契約したパケホーダイダブルにはついてこなかったんですが、Xiデータプランライトにねんになるので、docomo Wi-Fi永年無料キャンペーンが適用されます。

申込書見たら今日から開始となってるんで、Xiデータプラン2にねんでも適用されるのかな。
↓で書いてあるのが見当たらないんだけど。

キャンペーン・イベント情報 : docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン | NTTドコモ

 

 

まっ というわけで、F-01Fの方のデータ化の手続きは終了。
これで、月の維持費が1350円位になるはず。

 

 

 

さて、次はiPhoneです。

 

データ化は出来るのか?
パケホーダイダブル等Androidのパケットプランへの変更はできるのか?

 

この質問に関してはYesでした。
はいできます!って言い方じゃなくてややこしい言い方だったんですが、とにかく出来ると。

その代わり、月々サポートが無くなります!との事。

出来る出来ないってのはどうなるのか気になってましたが、月々サポートが無くなるとかっていうのは想定外!

その場でググってみても月々サポートが無くなるなんていうのもチラホラ見つかる。
月々サポートがあることが前提でプラン変更を考えてたので、月々サポートがなくなると何の意味もない。

 

とりあえず他の手続きに移ってもらって、最後に月々サポートは本当に無くなるんですね。

って確認をとってiPhoneのプラン変更はせずにお店を後にしました。

 

 

 

となると、方向転換。
パケット使うのは高いから、寝かせるしか無い。
月々サポートを捨ててパケットプランも外し、タイプXiにねんだけにすれば3円で維持できる。

寝かせるというか、電話+テザリングで使えばいいだけ。

プラスXi割を使うわけじゃないので、ダブル定額で寝かせる場合とそうは変わらない。

2つ欲しかったデータ回線も、足りなくなった一つは今までのようにMVNOで補えばいいだけ。

 

まぁパケット外しとかなら家でできるしなぁって思って帰路へ。

 

しかし、帰宅途中にある違うドコモショップがあり、8時前に行けそうだったので、ダメ元でそこに寄ってみた。

 

そこで聞いた所、
データプランへの変更は出来る

月々サポートも消えない!!!!

1軒目のドコモショップでは端末を見ながら月々サポートは消えます!
こちらのドコモショップでは電話で聞いた後に月々サポートは消えません!

 

後者のほうが信ぴょう性がありそうです。

 

なので、手続き開始。
先のF-01Fと同じような変更をお願いしました。

途中、パケホーダイダブルとかでも消えないの?って聞いてみたんですが、
また電話して聞くみたいだったので、時間かかりそうだったので聞かなくていいですって断りましたので、パケホーダイダブルだとどうだったのかまではわかりません。多分大丈夫だと思うんですが。。。

 

で、懸念してたSIMのサイズ変更もすることもなく、データプランへの変更が出来ました。
月々サポートも残ってるはずです。
手続き終わって帰る間際にも月々サポートは消えませんねって再確認して帰りましたので。

 

 

実際に変わってるかどうかは、来月、再来月の請求書を見てみないとわかりませんが。。。

でも、あれだけ大丈夫ですって言われたので、これで月々サポート消えてたらクレームものですね。

 

 

というわけで、
 データプランへの変更は出来ないと言った151
 月々サポートが消えるといった1軒目のドコモショップのおねーさん
 (もし月々サポートが消えてたら2軒目のドコモショップのおにーさん)
は嘘を言ったってことになりますね。しかも堂々と。

 

こんな曖昧でいいのか、ドコモさん。。。

 

 

 

2014/3/15 追記

iPhoneをデータ化した最初の月の請求が来ましたので、まとめをこちらに書きました。

ドコモのiPhoneをデータ化してSIMをAndroidに挿して運用した結果 - ケロロ好きなエンジニアのブログ