読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

空気清浄機、加湿機選び

家電 レビュー

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

年末からの正月休みにインフルエンザにかかってしまい、せっかくのお休みを台無しにしてしまったわけですが、いまさらながら加湿機を買うべく探してみました。

 

うちにある加湿機はこんな感じのちっこいやつ。

加湿機っていうか、アロマデフューザーなので、部屋の加湿にはほとんど効かないかと思います。

 

 

というわけで、本格的な加湿機を買おうと決意。

 

加湿機には超音波式、気化式、スチーム式と、それらを組み合わせたハイブリット式ってのがあるらしい。

変なの買うと雑菌が増殖しやすいとかめんどくさそう。

どーせなら空気清浄機にして、1年中稼働させてるほうがいいんじゃないの?
(根拠なし)

 

というわけで、空気清浄機を買うことにしました。
最近の空気清浄機は加湿機能がついてるものが多いみたいです。

 

売れ筋ランキングでも加湿機よりも空気清浄機の方がメジャーなメーカーが上位にきてて安心出来ました。

 

一度買うと壊れない限り買い替えできない我が家の事情から、どーせ買うならいいものを!ってことで、選んだのがこれら。

 

 

ダイキン MCK70P

 

パナソニック F-VXJ70

 

シャープ KI-DX50

 

こんな感じの中から比較しました。
まぁ比較って言っても、具体的に比べられるわけじゃないので、感性で選んだようなものですね。
どの機種もイオン云々ってあるし、加湿も除菌してくれるし、機能や性能は大差ないのかもしれません。

 

ってことで、感性で選んだのはコイツで、買ったのもココ。

 

最安値ではないですが、この価格帯の商品で、あまりに変っていうか聞いたこと無いお店ってのも不安なので、カードが使えて馴染みのあるジョーシンで買いました。

 

 

 

 

で、昨日到着。

 

サイズとか重さとか全然気にしてなかったんですが、デカいし重いです。
クロネコヤマトが持ってきて玄関開けてびっくりしました。

 

箱からしてデカイ。

f:id:keroctronics:20140119161454j:plain

比較はSC-01E。GalaxyTab7.7plusです。7.7インチのタブレットがこんなに小さく見えます。

 

 

 

箱を開けます。

f:id:keroctronics:20140119161509j:plain

最近は発泡スチロールって無くなってきてるのかと思ってたんですが、そうでもないんですね。

これゴミ捨てるの面倒なんだよなぁ。。。

 

 

まずは前のパネルを開けてフィルターを袋から取り出してセットしなおします。

f:id:keroctronics:20140119161517j:plain

フィルターは3重です。
前から、プレフィルター、集塵フィルター、そしてオクの黒いのが脱臭フィルター。
その両側にプラズマイオン化ユニットがあります。

また、オプションでバイオ抗体フィルターってのが付けられるみたいです。
オプションってなんでしょうね。最初は付属させて、つけなくてもOKですみたいな書き方の方がいいのになぁ。

 

 

 

全面パネルをつけなおした全景です。

f:id:keroctronics:20140119161528j:plain

これまたSC-01Eと比較してますが、デカイです。

ちなみに本体サイズは、620x395x287(mm)。加湿用の水いれずに12.5kg。存在感アリアリです。

 ちなみに水タンクは3.6Lあります。3.6Lなんで重いですが、セットは楽です。

 

 

ちょっとボケてすいません。
これが前面表示部。シンプルです。

f:id:keroctronics:20140119161539j:plain

数字は湿度。
左がホコリセンサー表示部。色で状態を表示します(緑ーオレンジー赤)。
右は匂いセンサー。こちらも同じく色で状態を表示します。

あと、お手入れ時期のお知らせランプや加湿の際の水除菌中のランプもあります。

 

 

これが上部

f:id:keroctronics:20140119161547j:plain

ルーバーは自分で角度を調節します。

ボタン類は、

という設定が出来、まぁ十分って感じでしょうか。

 

 

 

 

気になるお手入れですが、

  • プレフィルターは2週間に1度。掃除機か手洗い。
  • 集塵フィルターは10年で交換
  • 脱臭フィルターは汚れが気になったら掃除機で(時期不明)。
  • バイオ抗体フィルター(オプション)は1年で交換。
  • プラズマイオン化ユニットは2週間に1度。掃除機で。
  • ストリーマユニットは洗浄ランプが点灯したら、つけおきとふき取り。
  • 加湿部トレー、加湿フィルターユニットは1ヶ月に一度水洗いとつけおき。

 と、一つ一つは簡単そうですが、全部合わせると結構あるなぁーっていう印象です。

 

 

とりあえず今は、空気清浄+加湿(標準50%)で動かしています。
昨晩から使ってる印象ですと、音としてはファンが回っているのはわかります。
うちはリビングなので大丈夫ですが、寝室にあると気になる人がいるかもしれません。

 

空気清浄能力はわかりません。
電源入れた時からセンサーは緑だったのでパワー運転してないみたいですし。

 

 

加湿はどうでしょう。
電源入れた直後は68%とか出てきてびっくりしましたが、その後50%前後に落ち着きました。

それから加湿(標準なので50%)ONにして使っててずっと50%前後を維持してますが、元々そんなにカラッカラってわけじゃなかったようなので違いがわかりません。

普通の加湿機のように見えるわけでもないので不安でしたが、昨晩セットして夜中8時間だけ止めて、ONタイマーで以降ずっとつけてましたが、ちょうど丸1日でタンクの3.6Lがほとんど無くなってました。
これにはちょっとビックリしちゃいましたが、かなり加湿されてるんでしょう。

でもタンクの中の水の残りがわかりにくいですね。まぁ無くなったら給水ランプがつくんですけど。。。

 

 

ってことで、さて、4万の価値が有るのかどうかまだわかりませんが、とりあえず毎日使っていこうと思います。

 

うーん。大したレビューになってないなぁ。。。