ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

イギリス旅行記 まとめ:ドライブ編

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

レンタカーでのドライブについて感じたことまとめてみます。

次回行くときの自分用の備忘録にもなるかと思いますので。

M6 北上

 

イギリスドライブは二度目。

前回は10年以上前でしたが、そんなに印象は変わりません。
右ハンドルだし、左側通行だし、総じて運転しやすい国だと思います。
もちろんワイパーとウィンカーは間違えること多いですが。。。

マナーは良い方でしょう。日本の方が悪いですね。 もっとも田舎の方ばかり走ってたのが関係してくるかもしれません。 滅多に聞かなかったクラクションはエジンバラの街中だと結構聞きましたから。 

みんなマイペースですね。
遅い人は遅い。速い人は速い。
でも譲らなくてもちゃんと安全なとこで抜いてってくれます。
煽られたりすることはなかったです。

でも一般道でもペースは早いです。 ちょっと街になる時だけSLOWと表示されて、緩めますが、そこを過ぎるとまたペースを上げます。
譲り合いとかも、パッシングで合図してくれ、手を上げてありがとう!っていう感じは日本と同じです。

イギリスで有名なランナバウトですが、そんなに難しくなく走りやすいです。 もちろん全ての交差点がランナバウトではありません。

小さな交差点は日本と同じような感じで信号すらなかったりしますし、大きな交差点でも、ランナバウトでなく日本と同じような形だったりします。

 

これが一般的なランナバウト

ランナバウト

これは大きいけど普通の交差点

ランナバウトじゃないです

また、ランナバウトでも中に信号があったりもします。大きなところですけどね。
わかりにくいでしょうが、コレ ランナバウトの丸の中で止まってる時の画です。

ランナバウト

特にわかりにくい標識や標示はありませんでした。感覚でわかります。

ナビはこんな表示

TOMTOMのGPS(カーナビ)はPNDタイプでしたが、役立ちました。
っていうか必須でした。 当初Androidでナビも考えたのですが、SIM手に入らないかもしれないかもっていう不安からレンタカーでのGPSオプションを申し込みました。

結果、SIMは初日に手に入れられたのでAndroidでナビ出来たのかもしれませんが、途中圏外もありましたので、まぁ必須だったでしょう。

ただ、AVISさんは使い方とか全く教えてくれない不親切さなので、ある程度こういうものを使えるという機械音痴でない人でないとちょっと厳しいかもしれません。

207SW

借りた車は207SWという小柄なタイプです。

湖水地方等特に細い道が多いので、このサイズで十分かと思います。

2名+荷物だとパワー的には十分。トランクサイズも十分でした。

MT車です。 マニュアルとオートマはかなり値段が違いました。ひょっとしたら乗り捨てにしたからかもしれませんが。。。

なので、マニュアルを選びましたが、普段乗り慣れている人でも、見知らぬ土地だとオートマの方が良いかと思います。

標識見たりとか、色々と普段の運転と違いますからね。 って以前の旅行でも思ったのですが、費用に負けた。。。。

それに坂道発進もありました。今まで乗ってたMT車とクラッチの位置がかなり違ってて、バックしてクラクション鳴らされたりとかちょぃヒヤヒヤしたりしました。 その後はサイドブレーキ併用するようにしましたが。。。

 

AVISです。今まで主にHertz使ってます。 今回は湖水地方近くで借りれる場所が難しく、結局手前のランカスターで借り、エジンバラに返すということから、選択肢はAVISかEuropcar位だったはず。

日曜に返却ということで、エジンバラは街中でなく空港になってしまいましたが、エジンバラ街中での返却は時間外にもなりそうだったし、混んでて結構大変そうだったのでまぁ空港返却はそれで良かったのかもしれません。

車内でのスマフォ充電用にこういうの持って行ってました。 もちろん使えたのですが、実際は1つしかないシガーソケットはGPS(PND)が使ってしまうので、使えませんでした。

幸いなことに、207SWはUSB端子がついていたのでそのまま使えましたが、すべての車に付いているとはかぎりません。 念のためこういう方がよかったのかもしれませんね。

最後に駐車場の停め方。
今回使ったのは一般的な駐車場です。路駐はしてませんので、駐車場だけの説明です。

Pay here

このような機械が駐車場の何処かにあります。 このように表記されています。

券売機

ここで1時間とか2時間とかあらかじめ時間を考えて買います。 後払いではありませんので、ちょっと面倒ですね。オーバーしたらどうなるんでしょうか?罰金になるのかな。
で、左にアルファベットのボタンが見えますが、これは車のナンバーを入れる時につかいます。 これでチケットが出てきますので、それをダッシュボードの上に見えるように置いておきます。

田舎道のビューポイントでの駐車場でも同じような機械があり、無料とは限りません。 私の寄ったところは1時間まではフリーでしたが。

 

ざっと思いつく辺りこんな感じでしょうかね。

次は鉄道編かな。 まとめてみます。