読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

イギリス旅行記 5日目 ネッシーを探して

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

さて、5日目は自分的な主目的であるネス湖観光です。

なぜネス湖か? 世界一有名な湖だからです。

ま、こいつに会いたいだけなんですが。

とはいえ、ネッシーは聞きますが、ネス湖ってどういう湖なの?大きいの小さいの?
って全く知りませんでした。

まっそんな事はともかくネス湖です。
地図で見たら相当上の方。
車でしか行けない感じです。
それも遠い。片道約300km。
緯度的には樺太よりも遥か上。

凍ってないのか?寒くないのか? さっぱりわかりませんでしたので、安心を取って現地ツアー会社のバスツアーを利用することにしました。

エジンバラ発のツアーは6社ほど見つけることが出来ました。

£40辺りが多く、あと£49、£65とばらついてます。
一応説明読んでみたんですが、違いがよくわかりませんでしたので、一番安いここに申し込んでみました。
Loch Ness, Glencoe & The Highlands @Scotline tours £38也。
加えてネス湖クルーズがオプションで£16.5です。

ツアーによってはホテルに迎えに来てくれるというのもありますが、このツアーはツアー会社の前に集合です。ホテルのすぐ近くなので、特に問題はありません。

8時出発で15分前集合なので、食事を食べ7時半頃出かけます。
外はあいにくの小雨。5分くらいで着きますが、10名くらいは既にオフィス内にいました。

結局参加者は26名と想像以上に多かったです。
日本人は他に一人。後ロシア人やら韓国人とか。 ほとんど最後に乗ったんですが、ここでもまたバスの最前列しか空いてなく景色の良い運転席の後ろの最前列に座ることになりました。 小雨の中8時過ぎに出発です

出発前のバス

バスはA8からM9を通り

M9

J10で降りてA84に入ります。

Callander

陽気なバスガイドさんが延々と話してます。
スコットランド訛りのせいだけじゃなく自分の語学力の無さだと思いますが、ほとんど聞き取れません。
トイレが少ないとか言ってる模様。

9:30 TROSSACHS WOOLLEN MILLにて休憩です。
ハイランドキャトルがいました。

ペット?

どのツアーも同じコースで同じ休憩場所なのでしょうかね。
検討してた他のツアー会社のバスがいました。

ツアーバス達

ちなみに我々のツアーバスはこれ。VOLVOのバスです。

ScotlineToursのバス

これだけツアーバスがいますし、おそらく着いた時間も殆ど変わらないんでしょう。 トイレ行列ができてます。

トイレ行列

この真ん中の方は違うツアーバスのガイドさんでした。

違うツアーのガイドさん

15分とかいいながら30分近くもここに休憩。
ここらへんは日本と違ってアバウトなんでしょうか。

A85をドンドン進みます。
10時半

ラブヘア湖

まだまだネス湖じゃないですよ。ラブヘア湖。ここらへんは湖が多いです。自然豊かですね。

バスはクリアンラリッチにてA82に。

10:40 ここにて2度めの休憩。 ここはトイレとかお店とか無いので休憩というよりもビューポイントでの観光ということでしょうか。

Black Mount Estate

お店はないけどこういうのは来てました。

バスの表示によると外気温は9℃。さすがにアイス屋じゃなかったです。

お店ありました

こんな感じで何もないところを進んでいきます。

A82

さすがにここらへんはThreeの電波は圏外になることがありました。

また30分も走らないうちのグレンコー手前のビューポイントで停車です。
ここもトイレ無し。お店もありません。純粋はビューポイント。

ココらへんは今までと違って起伏が激しい地形になってます。

ビューポイント#2
 
 
 
 
 
 
ビューポイント#2
 
 
 
ビューポイント#2

レーブン湖。ネス湖はまだまだです。

レーブン湖

リニ湾に出てそのまま北上

リニ湾

12時。フォートウィリアムのBen Nevis Highland Centreにて約1時間のランチ休憩です。

Ben Nevis Highland Centre

そこを出発後、またすぐのSCOTTISH COMMANDO MEMORIALにて観光。

SCOTTISH COMMANDO MEMORIAL
 
 
SCOTTISH COMMANDO MEMORIAL

14時。ようやくネス湖の端っこにつきました。 フォートオーガスタスの運河です。

フォートオーガスタス
 
 
フォートオーガスタス

ここで止まっていたツアーバスもたくさんあったんですが、我々は止まらず。 そのままネス湖湖畔のA82を進みます。

A82ネス湖

ネス湖はもう少し観光地化してるのかと思ってたんですが、そんな感じもなく静かで自然のままな感じです。

思ってたより大きく。これならいるかも!!!って思わせる雰囲気です。

14時半。有名なアーカート城(URQUHART CASTLE)に到着。ここが目的地のようです。

アーカート城

あらかじめバスの中でオプションのクルーズチケット代を支払いました。
£33キャッシュ持っててよかった。キャッシュ無かったらどうしてたんだろうか?

26人中クルーズに乗るのは16人だったか10人だったか。
乗る人は15:30のチケットを渡されます。
乗らない人はその時点でバスに戻ります。

その15:30までお城の観光です。

アーカート城
 
 
アーカート城
 
 
アーカート城
 
 
アーカート城
 
 
アーカート城

15:10位。桟橋にクルーズ客が集まり始めてます。

アーカート城

我々も降りてみます。 気温はおそらく5~8℃位のはず。風が強くとても寒い。 また、湖は茶色い感じです。土の関係かなぁ?

ネス湖畔

係員がツアーごとに列を指定しています。

私は何言ってるかさっぱりだったんですが、同じバスで来たおじさんに not us! って言われてようやくわかりました。

待ち行列

殆どがツアー客で、フリー客はいなかったか、いてもわずかな感じでした。

さて、15時半になり乗り込みます。

ネス湖クルーズ

乗り込み順は係員指定のツアー順です。 なので、こんな感じに満員になると座れない人も出てきます。

ネス湖クルーズ

ちゃんと魚群探知機がついてます。 誰も見てませんでしたが。。。

 

さて、クルーズです。

ネス湖クルーズ

ネッシー出てこい

ネス湖クルーズ

ネッシー早く出てこい

ネス湖クルーズ

ネッシーいないなぁ

ネス湖クルーズ

ネッシー出てこないなぁ

ネス湖クルーズ

はぃ。運河に入って終わり。

クルーズ終了

ちなみに着いた場所はこんなところです。

バスは既に待ってます。

クルーズ終了

クルーズのオプションを選択しなかった人はバスで先回りしてここで待っていた模様。
クルーズはあっけなかったです。

まったく観光地っぽくなく、ネッシーが顔を出すっていうアメリカっぽい(?)アトラクションのかけらもありません。 こういうのはスコットランドらしいのかな?

 

この後またバスに乗りインヴァネスに向かいます。 インヴァネスの街もまた素敵な感じです。

インヴァネス

ネッシーの像があったりするのはまた違う場所みたいです。 そこに行けるものかと思ってたんですが、どうやら違う模様。

もぅ帰るだけなのか。。。 どうやらそうみたい。

日本だとこのあとおみやげ屋によって、ほら買え~になるんでしょう。
私も会社への土産用にネッシークッキーや記念のネッシーぬいぐるみ位は買うつもりでいたんですが、そんなこともなくバスはひたすら帰ります。

トイレ休憩すら無く、ひたすらエジンバラを目指します。 来た時とは違うルート。A9をひたすら走ります。

途中。渋滞もありました。

19時前。途中A9からそれたなって思ったら、 VISITOR CENTERにて休憩です。 ここではすでに土産物はネス湖っぽくなくスコットランドと変わりません。

なので、コーヒーだけ飲んで体を温めます。 休憩の後またすぐにA9に戻り、パースにてM90に乗ります。 予定の20時を45分ほど超えて到着です。

エジンバラ城 ライトアップ

バスは出発地点まで戻るのかと思ってたのですが、アナウンス聞いてるとどうも違うらしい。 よくわかんないので駅で降りました。

ついでに、明日の帰りのためにエジンバラ駅の中を視察しておきます。

エジンバラ駅

その後、ホテル横のフランス系のレストランにて食事して22時帰宅。

夕食

このツアー想像していたのとは違いましたが、ツアー名は Loch Ness, Glencoe & The Highlands ですから、まぁ名前通りの観光ツアーな感じでした。
他のツアーがどうなのかわかりませんが、どれも似たような感じなのかな。

次回のチャンスがあればレンタカーで行ってもいいかなって感じです。

インヴァネスに泊まってじっくり居たい感じでもあります。
<続く>