ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

準備失敗、現地で買えるか?

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

さぁPhotonもSIMフリーになったし、COMST SIMを申し込むか。受け取りは空港で!

って思ったら、まず、出張の上海便が羽田発だった。

成田だと思ってたんで、これはラッキー。

しかし、COMST SIMの受け取りは羽田ではできないじゃん。

オンライン購入ならメール便で送ってくれるそう。

水曜夜までに届かないよな。

うーむどうしよう。。。

ちょぃググってみてもChinaUnicomのプリペイドSIMが上海虹橋空港で買えるという情報は見つけられない。

今回の出張は空港にお迎え(日本語不可)がくるそうな。

ある意味うれしいけど、逆に言えば自由がないということ。

そのまま現地の工場に直行。

どこにも寄ることができないので、SIM仕入れるなら空港しか無い。

ホテル近辺に夜でも手に入れられる場所があればいいけど、どうかなぁ。

コンビニとかにも売ってるとかっていうから、ひょっとしたら買えるかな?

まぁ仕方ない。

GlobalDataのレンタルを利用しよう。

USBタイプなら1日480円。中からSIM抜いて使えるのかな?

SIM抜けないのなら680円のルータータイプのを借りるか。

これなら羽田で借りれるし。

でも…

延滞料が1日辺り2100円。

今回は状況次第で数日の延泊の可能性もある。

この不況下なのに、会社が復路便が変更可能なチケットを取ってくれた(涙)。

延泊の可能性は3~4割位か?

それを考えるとこの選択肢は選べない。

ってことで、SIMは現地で仕入れられたら仕入れるという方針にしました。

というのも、ホテルは無線LANが無料で使えるみたいなのです。

なので、まぁ最悪ホテルに戻ればネットは使えます。

なんとかなるといえばなんとかなるんですが、せっかくなので買えれば買って試してみたいと思います。

多分今後も上海出張あると思うし。

とりあえずキーワードとしては

中国聯通(ChinaUnicom)

如意通(中国聯通のプリペイド SIMカード)

充値(チャージ)

だけ覚えてれば買えるかなぁ?

喋れないけど。。。