ケロロ好きなエンジニアのブログ

サラリーマンエンジニアの電子工作のことをメインに書いていきたいけど電子工作はまとまった時間がないとなかなか難しいから滅多に書けそうもなくてMVNOの話題がメインになりつつあるブログ

2013年9月にseesaaより移転してきましたので、それ以前の記事はうまく読めない場合があります。

カバー購入

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

スポンサーリンク

ソニタブはSIM無しWiFi運用ということもあり、外に一度も連れてっていません。

それというのも、ボディにツルピカ面が多く、しかもむき出し状態なので、すぐに傷ついちゃいそうということがあります。部屋に置いておくだけでもなんか不安になっちゃいます。

もう一個のタブSMT-i9000は、嫁が毎日使ってますが、ぶっちゃけ壊れても傷ついてもいいやってことで、ケースもフィルムすら使ってませんが…

で、ソニタブは普段置き用や持ち歩きたくなった時にケースに入れておきたい。

封筒型のケースは面倒なので、パカっと開くタイプにしたい。ケースって言うよりはカバーですかね。

もちろんソニー純正品があるんですが、色が。。。

で、探してみました。

もちっとカラフルなやつ。

で、コレにしてみました。

決め手の半分くらいは色です。

で、購入したのが先日来ました。

来た

ワニ柄っぽいデザインですが、ペラペラ&カチカチで高級感はないです。まぁ値段相当ってことでしょう。

開くとこんな感じ。

開き

右の部分に本体をはめ込みます。

左の部分が筋になってるのは、そこにはめ込んで立てる事ができるようになってるから。

カバーを付けてみたらこんな感じになります。

カバーつけてみた

裏側はこんな感じで、ちゃんとカメラ用の穴は開いてます。

裏側

きっちりはまってくれてるんですが、長さが微妙に足りない感じで、カバーしちゃうとちょいキツキツでして、カバーの開け閉めにちょっと力がいります。

長年使ってると緩くなってくるのかもしれませんが。。。

はめたまま各コネクタは問題なく使えます。

横側

ただ、充電ケーブルを接続したままでは、カバーの開け閉めはできません。

開けた状態でも、閉めた状態でも充電は出来るんですけどね。

stab6.jpg

と、カバーの蓋の部分を使って立てることができるんですが、その際にはカチッとはめている2箇所を外さないといけない

ってのがちょっとイマイチなところですね。この部分、何度も使ってるとバカになっちゃうかもしれません。

また、立てたままだと充電はできません。

クレードルがあるんならカバーつけたまま挿せるのかもしれませんが。

まぁ実際は立てるよりも、蓋を裏側に回して置いて使うほうが多いので、その際には本体の角度以上に斜めになってくれていい感じになってくれます。

あと、フィルムは光沢が1枚ついてきました。

位置合わせが難しかったです。。。

という感じで、まぁ値段相応なカバーでしょうが、これがあるおかげで、そこらへんに置いておいても不安にならなくなりましたし、このままカバンに入れてもOKな感じで、安心して持ち歩けるようになりました。

持ち歩くかどうかは別ですが。。。